『劇場版 あしたのジョー2』 ©高森朝雄、ちばてつや/講談社・TMS

写真拡大

『特集上映 江口寿史と80年代日本映画』が、12月19日から神奈川・川崎市市民ミュージアムで開催される。

【もっと画像を見る(4枚)】

同イベントは、12月5日から同会場で開催される『江口寿史展 KING OF POP』の関連企画。『すすめ!!パイレーツ』『ストップ!!ひばりくん!』などの漫画をはじめ、銀杏BOYZのアルバム『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』のジャケットイラストを手掛けた漫画家、イラストレーターの江口寿史に関連した映画を上映する。

上映作品は、江口の同名漫画を実写映画化した『エイジ』、江口がキャラクター原案を担当した今敏監督作『PERFECT BLUE』と、北久保弘之監督作『老人Z』、江口が大きな影響を受けたという漫画家・ちばてつやがキャラクターデザインを手掛けた『ゆき』、ちばが監修を務めた『劇場版 あしたのジョー2』の5作品。12月13日には江口とちばのトークイベントも行われる。

さらに『江口寿史展 KING OF POP』に関連して、12月23日から川崎市市民ミュージアムの収蔵フィルムからセレクトした1980年代の日本映画を上映。上映作品は、鈴木伸一監督作『ぼくらマンガ家 トキワ荘物語』、小林よしのりが原案を務めた『逆噴射家族』、吉田秋生原作の『櫻の園』、いとうせいこう原作の『ノーライフキング』など6作品となる。詳細は川崎市市民ミュージアムのオフィシャルサイトをチェックしよう。