CMの中で歌を歌う浜辺美波さん

写真拡大

若手女優・浜辺美波さんが、スマホアプリ「リトルノア」の新CMに出演し、透き通る歌声を初披露している。

リトルノアはゲームメーカーのBlaze Games(ブレイズゲームズ)が2015年2月にリリースした、リアルタイムストラテジーというジャンルのゲームだ。アートディレクターに吉田明彦さん、サウンドコンポーザーに崎元仁さんを起用し、かわいらしいキャラクターたちと細部まで描かれた背景、奥深い世界観、重厚な音楽が話題となっている。

現在15歳の浜辺さんは、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(通称「あの花」)の実写版でヒロインめんま役を務めた。「透明感がすごい」「将来有望」と若者を中心に絶賛され、ファンが急増している。現在放送中の連続ドラマ「無痛〜診える眼〜」(フジテレビ系)では精神障害を抱えた金髪の少女を演じ、演技力の高さにも注目が集まっている。

なにもない白バックの空間で、難しい役どころを好演

11月20日から全国主要都市でオンエア中のCMは2種類ある。

「大行進篇」は、寝そべりながら鼻歌を歌う浜辺さんのまわりにゲームのキャラクターが次々と登場し、彼女の目の前を通り過ぎていく。やがて彼女の目の前に大きなキャラクターが突然現れ、「あっ、あー!」と大きなリアクションを見せる――。

「わたしのかわいい戦士たち篇」は、体育座りをしながら鼻歌を歌う浜辺さんのまわりにゲームのキャラクターが集まる。「やっちまえ」とやや挑発的な表情でつぶやくも、剣をかざしたキャラクターを目の前にして、彼女は逃げ出そうとする――。

CMメイキングや30秒バージョンはYouTubeにて公開中。撮影終了後のインタビューで浜辺さんは、

「(白バックの空間で)実際に目の前にキャラクターがいるという設定で、キャラクターをつまんだりするのはとても難しかったんですけど、歌を歌いながら一連で撮影するのは楽しくて、とても楽しい撮影になりました」

とハキハキと答えている。与えられた仕事を笑顔でこなす姿は見ていて癒される。

2つ上の女優の広瀬すずさんを思わせる顔立ちで、近いうちにCM業界で引っ張りだこの存在に成長するかもしれない。「今回は短いフレーズだったので、もし今後、歌のお仕事がある時は全力でやらせて頂きます」と述べており、音楽方面の活動も期待される。

リトルモアは無料でダウンロードして遊べる。ただしアイテムの一部が課金される。Android版(4.0以降)とiOS版(6.0以降)に対応。