ミャンマーの食べ物や文化を楽しめる『ミャンマー祭り2015』が開催…11月28日&29日

写真拡大 (全4枚)

 11月28日と29日の二日間、東京・港区にて『ミャンマー祭り2015』が開催される。

 同イベントは、ミャンマー連邦共和国(以下、ミャンマー)の食べ物や文化を楽しめる催し。

 ミャンマーの文化を体験してもらう目的で開催されており、今年で3回目の実施を迎える。

 イベント会場(浄土宗寺院「増上寺」の境内)には、都内でミャンマー料理店を営む17店舗が飲食ブースを出店。ビルマ族、シャン族、モン族、カチン族など、ミャンマーで暮らしている、さまざまな民族の多彩な料理を味わえる。

 また、ミャンマーの民族衣装をイベント会場内でレンタルできたり、ミャンマーの伝統的な化粧品(タナカ)を楽しめる体験ブースや、ミャンマー雑貨の展示・販売のほか、親子向けのワークショップもある。

 このほか、ミャンマーの伝統舞踊や歌が披露されるステージイベントも行われる。

 開催時間は、初日の28日が10時〜18時、最終日の29日は10時〜16時までとなっている。