今季の女子ツアー最終戦、LPGAツアーチャンピオンシップ・リコーカップ(11月26日〜29日/宮崎県)で、今年のトーナメントを彩ったトッププレーヤーたちが連日激戦を繰り広げている。

 ともあれ、今季の女子ツアーと言えば、イ・ボミ(27歳/韓国)である。最終戦を前にして、賞金女王を確定させると同時に、年間獲得賞金では2億円を突破して、男女を通じての史上最高記録まで達成した(11月26日現在、2億2581万7057円)。

 はたして、その強さの秘密はどこにあるのか――。

 イ・ボミの最も近くにいて、以前にも賞金王となった谷口徹や、賞金女王に輝いた上田桃子のキャディーを務め、「優勝請負人」と呼ばれるようになった、清水重憲キャディー(1974年7月10日生まれ、大阪府出身)に話を聞いた。

 イ・ボミの昨年と今年の大きな違いは、まずティーショットの正確性だと、清水キャディーは言う。

「昨年まではときどき、左へ引っ掛ける低い球が出ることがありました。これが出ると、左のラフにつかまって、距離も出ないので、ボギーを叩いてしまうことが多かったんです。それが、ひとつの課題でした」

 今季は、その"クセ球"がほぼ出なくなった。それには、清水キャディーはもちろんのこと、10年前からイ・ボミのコーチを務めるチョ・ボムス氏、そしてトレーナーや、用具契約メーカーの『本間ゴルフ』のスタッフらで形成された"チーム・イ・ボミ"の力が大きかった。

 スイングに関しては、チョ・ボムスコーチが徹底指導。左に行かないスイングの形をイ・ボミの体の中にしみ込ませていった。

 それに合わせて、クラブの改良については『本間ゴルフ』が全面的にサポート。担当の井上友之氏によれば、「今季はドライバーのロフトを10.5度と多めにして、球を上がりやすくしました」という。井上氏が続ける。

「そうすることによって、力みが抜けて、左への引っ掛けを防止できます。ロフトが多くなった分、球はつかまりやすくなるのですが、そこはシャフトを柔らかくすることで、引っ掛かりを防ぐように対応しています」

 さらに、イ・ボミは今年、「ミスを少なくするための体作り」をトレーナーの渡辺吾児也(あるや)氏とともに取り組んできたという。渡辺氏が説明する。

「シーズン中にやってきたのは、バランスボールなどを使って、自分の重心位置を知ること。さらに下半身の強化をすることで、効率よく飛ばせるようにすること。加えて、体幹のトレーニングで背骨周りも強化してきました。それらの結果、スイング軸が安定し、ミスが減ったと思います」

 そして最後は、試合中に清水キャディーがこんなアドバイスを送っていた。

「嫌なイメージを残したまま打つことは、打つ前からその後のミスへとつながっていくので、少しでも嫌なイメージがある場合は、事前に言ってほしい。そうすれば、ミスを少なくできるかもしれないから」と。

 そのうえで、清水キャディーは、「あの遠くの山の天辺にある、あの木を狙って」などと具体的な目標を設定し、「左のフェアウェーバンカーまでは240ヤード。今日はアゲインストだから、絶対に入らないから」と、伝える指示は必ず言い切ることで、イ・ボミが嫌なイメージを持つことなく、打ってもらうように心掛けたという。

 こうした"チーム・イ・ボミ"のバックアップを受けて、イ・ボミは今季、飛んで曲がらないティーショットを武器にして、ツアーを制圧した。

 改善されたのは、ティーショットだけではない。一緒にラウンドしている選手たちが口をそろえて絶賛したのが、パッティングだ。今季もイ・ボミと上位争いを演じることが多かった成田美寿々(23歳)は、「(今季の)ボミさんは、バーディーパットで(カップの前で)寸止め、みたいなミスがなくなりました」という。

 実際に今季、イ・ボミ自身が課題に挙げていた、4〜5mぐらいのパットを入れる確率が高くなった。平均パット数も、堂々の1位(11月26日現在)である。パッティングの向上が、数々の勝利につながったことは明らかだ。清水キャディーが語る。

「昨年までは、ラインは読めているのに、タッチが合わない"オンラインショート"が多くて、それでバーディーを逃すことが多かった。そこで今年は、ミドルとロングパットの練習をトーナメント開催中にも入念にやって、"タッチ"を合わせることにかなり専念してもらいました。その結果、(今季は)カップ手前でショートすることが少なくなり、肝心なところでパットを決めることができていたと思います」

 また、今季はパッティングの際に、構えたらすぐに打つようにしたという。それも、カップインの確率アップにつながった。清水キャディーが解説する。

「今までは、ちょっと嫌な、2mくらいのパットでは、構えてから打つまでの時間が長くて、それまでに、せっかく作ったイメージが消えてしまい、ミスすることが多かったんです。逆に、5〜6mくらいの(入る)期待が薄いパットは構えてすぐにリズムよく打って、ポンッって入ることが結構あった。それで、普段の練習ではタイムを計って、構えてから一定の時間内でリズムよく打つ練習を繰り返しました。おかげで今季は、劇的にショートパットが入るようになりましたね」

 そしてもうひとつ、イ・ボミが今季、清水キャディーとともに遂行したのが、ルーティーンの確立だ。その効果について、清水キャディーが語る。

「ルーティーンと言っても、ボールを打つ直前だけのものではなく、試合会場に入ってからティーオフするまでの時間の"ルーティーン化"です。ティーオフまでの時間を毎試合一定にすることで、気持ち的に間延びしたり、焦ったりすることがなく、いつも同じ気持ちでスタートできる、というメリットがあります」

 イ・ボミの場合は、ティーオフの55分前に会場入りし、ロングパット、ショット、アプローチ、ショートパットの順番で練習をして、スタートしていく。このルーティーンを常にこなすことで、たとえ優勝争いとなる最終日最終組の朝を迎えても、イ・ボミは「普段と変わらぬ気持ちでスタートすることができた」と言う。

 昨年に比べて、ティーショットとパッティングが格段に進歩し、ルーティーンを確立してメンタル面の安定も図ったイ・ボミ。最終戦の前までに年間7勝を飾って、ついに悲願の賞金女王の座も手にした。

 それでも、長いシーズンである。精神的に息詰まってしまったときもあったという。清水キャディーが振り返る。

「ようやく今季の1勝目を挙げた、ほけんの窓口レディース(5月15日〜17日/福岡県)の翌週と、54位タイと振るわなかった終盤戦のTOTOジャパンクラシック(11月6日〜8日/三重県)の翌週は、めずらしく『ちょっとゴルフから離れたい』と言って、普段は火曜日に会場入りするのに、水曜日にずらしたことがありました。イ・ボミプロの場合、目標の設定が高く、そのストイックさが自分を追い詰めて、疲れてしまうことがあるんです」

 そんなとき、清水キャディーは、ゴルフともっと楽に向き合えるような話をしていたそうだ。

 例えば、イ・ボミはどんな試合でも「66」や「67」といったハイスコアを目指しているほど、自分に求めるものが相当高いという。だが、いくらプロでも毎回そんなスコアを出せるわけがない。そこで、清水キャディーは、イ・ボミにこんな話をしていた。

「毎年、平均ストローク1位の選手は、よくても"70.1"あたりの数字。だから、毎試合『1ラウンドで2アンダー、"70"で回ればトップに立てるんだよ』と説明するんです。また同様に、僕が強い選手の条件として重視しているのがパーセーブ率(パー以上で回る確率)なんですが、トップ選手で90%弱。とすれば、『18ホール中、2個くらいボギーを打っても許容範囲なんだよ』という話をしたりしましたね」

 そうすると、イ・ボミは「あ、そうなんですね」と言って、楽にゴルフと向き合えるようになっていったという。

 賞金女王を確定させた際、イ・ボミはこう語った。

「清水さんをはじめ、チョ・ボムスコーチ、トレーナーさん、『本間ゴルフ』のスタッフさん......みんなが、私がゴルフだけに集中するためにがんばってくださった。その分、私も『がんばります』という気持ちになれた。それがよかったと思います」

 イ・ボミの快挙は、"チーム・イ・ボミ"の完璧なるサポート、そして、イ・ボミ自身が彼らを信じ切って、真摯にゴルフに向き合ってきたからに他ならない。

古屋雅章●文 text by Furuya Masaaki