フカヒレ姿煮が贅沢に乗る「ふかひれ姿煮鉄板焼きそば」(8640円、 税・サービス料別)

写真拡大

ホテルニューオータニ大阪は10月にリニューアルオープンした中国料理「大観苑」で、リニューアル記念メニューとして誕生し、既にリピーターが続出している贅沢麺の最高峰「ふかひれ姿煮鉄板焼きそば」(8640円、税・サービス料別)をメインにした至極のクリスマス&忘年会コースを、11月24日(火)から12月30日(水)まで1日3組限定で提供する。

【写真を見る】フカヒレの名店「大観苑」。海外からのゲストも意識し、スタイリッシュな空間へと変身

熱々の鉄板で香ばしく仕上げられた焼きそばに、ふかひれ姿煮をたっぷり1枚乗せた、ジュージューと音を立てる寒い冬に最適な料理のオンパレードだ。

海外からのゲストも意識し、和のエッセンスを散りばめながら、モダンでスタイリッシュな空間へとリニューアルした大観苑。中国料理とシャンパンのマリアージュが似合う、黒をベースにしたエキゾチックなダイニングだ。ゆっくりと寛ぎながら、美と健康を意識した料理、和と融合した新感覚中国料理など、日々進化を遂げる最先端の中国料理が堪能できる。

伝統・名物のふかひれ料理はもちろん、本当に美味しい厳選野菜の提供をコンセプトに、江戸時代には「天下の台所」とも呼ばれた「なにわ伝統野菜」を中心に、大阪近郊の本当においしい野菜をふんだんに使用。フランス料理を思わせる美しい前菜など、野菜の魅力が凝縮されたメニューを展開している。

今回の「ふかひれ姿煮鉄板焼きそば入り至極のクリスマス&忘年会特別コース」では、リニューアルコンセプトでもある、本当に美味しい厳選野菜を、本格チャイニーズで調理した、極上の美食体験となる。

1日3組限定のこのコース。挑戦する価値ある、美味の饗宴だ。【関西ウォーカー】