石川遼、ホスト優勝へ最高のかたちで決勝へ(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<カシオワールドオープン 2日目◇27日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>
 高知県にあるKochi黒潮カントリークラブを舞台に開催されている第35回 『カシオワールドオープン』2日目。ホストプロの石川遼が7バーディ・ノーボギーの“65”と猛チャージ。トータル11アンダーまで伸ばし一躍単独首位に浮上した。
似てる?!今週は弟と二人三脚で優勝を目指す石川遼
 その石川を4打差で追いかける単独2位には黄重坤(韓国)。続くトータル6アンダーの単独3位には2008年、2009年と今大会を連覇している小田孔明が入った。
 昨年覇者である片山晋呉は4つ伸ばしトータル4アンダーの7位タイに浮上。Kochi黒潮カントリークラブ所属の片岡大育はトータル2アンダーの15位タイで予選ラウンドを終えた。
 今大会で賞金王戴冠を目指す金庚泰(韓国)はトータルイーブンパーの36位。逆転王者へ、上位フィニッシュが求められる池田勇太はトータル2アンダーの15位タイ、2週連続優勝を目指す宮里優作はトータル1アンダー22位で決勝に駒を進めた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>