<カシオワールドオープン 2日目◇27日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>
 高知県にあるKochi黒潮カントリークラブを舞台に開催されている国内男子ツアー『カシオワールドオープン』2日目。ホストプロの石川遼が7バーディ・ノーボギーの“65”でラウンド。首位でホールアウトした。
遼に英樹にスコットまで!男子ツアーフォトギャラリー
 石川はスタートホールの1番で幸先よくバーディを奪うと、4番での1つ伸ばし、5番ではティショットを右に曲げ、木に囲まれた状態でリカバリーショットとなるも脱出成功でフェアウェイに。このホールでも奪取し、連続バーディ。前半で3つスコアを伸ばす。
 折り返してからも勢いはとまらず、10番、12番でもバーディ奪取。続く13番ではティショットを曲げて左ラフに置くも、セカンドショットをピンそば10cmに寄せるスーパーショット。さらに最終18番ではバーディ締め。トータル11アンダーまで伸ばし後続を引き離した。
 石川を6打差で追う2位タイには昨年の賞金王で今大会を2度制している小田孔明と黄重坤。その小田に1打差の4位タイグループには横田真一ら5人がつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>