吾輩は猫である風の猫擬人化アニメひっそり公開 めざといアニメファンが注目

写真拡大

 「えっと、これいつから放送のアニメですか?」おもわずそう聞いてしまいたくなる動画が、アニメファンの間で注目されていました。

【関連:漱石、鷗外が愛した神楽坂で『BUNGOマツリ』】

「君の棲む街〜早稲田編〜」タイトル画像
「君の棲む街〜早稲田編〜」

 制作はJ.C.STAFF(『バクマン。』『監獄学園』など)が担当し、キャラクター原案はseroriさん(『アイドルマスター SideM F-LAGS』キャラクターデザイン協力など)が手がけています。 そして、声優は石川界人さん(『ハイキュー!!』影山飛雄役など)と、早見沙織さん(アニメ『魔法科高校の劣等生』司波深雪役など)が参加という、なかなか豪華なもの。

 このアニメは11月21・22日に行われた『文京・早稲田 文豪ウィーク』のオープニングで上映されたオリジナルアニメ。それがつい最近になってWeb上でひっそり公開され、めざといアニメファンの話題に上っていたようです。

 作品はあくまでオリジナルとなっていますが、石川さん演じる「ワガハイ」が夏目漱石の『我が輩は猫である』にヒントを得ているようなので、時代は現代としつつも良い感じに独特の世界観になっています。冒頭シーンではワガハイが『我が輩は猫である』を、早見さん演じる「フィービー」が森鴎外の『舞姫』を読んでいます。
ちなみにワガハイと、フィービーはそれぞれ猫を擬人化したキャラクター。ストーリーでは、文学青年風のワガハイと、現代風のフィービーとの可愛い恋模様が描かれています。

ワガハイ
ファービー

 時間は2分半と短いものですが、その中に2人の視点から描いた「文京編」と「早稲田編」がつめこまれています。そのため、見方によってはテレビアニメのPV的であり、思わず「本編は別にあるのかな?」という余韻を残しています。

 ショートアニメ『君の棲む街 〜文京編/早稲田編〜(文京・早稲田 文豪ウィーク)』は、2016年1月31日までの期間限定で公開中。見たい方はお早めにご覧ください。

▼君の棲む街 〜文京編/早稲田編〜(文京・早稲田 文豪ウィーク)
https://youtu.be/Vwv9pn0eS98

※「吾輩は猫である風の猫擬人化アニメひっそり公開 めざといアニメファンが注目」はおたくま経済新聞で公開された投稿です