ⓒ2015「レインツリーの国」製作委員会

写真拡大

『レインツリーの国』は、「図書館戦争」シリーズの人気作家・有川浩による恋愛小説を、玉森と、映画初出演の西内まりやを迎え、『阪急電車 片道15分の奇跡』のスタッフが手掛けた、心ときめく純愛ラブストーリーだ。

キスマイ玉森裕太の出演作で、いちばん好きな作品は?

玉森が演じたのは、主人公“伸(しん)”こと向坂伸行役。西内は、感音性難聴となってから、自分の殻に閉じこもって生きて来たヒロイン“ひとみ”こと人見利香役に扮した。

さらに、片岡愛之助、森カンナ、矢島健一、麻生祐未、大杉漣、高畑淳子ら実力派俳優が脇を固め、つんく♂が書き下ろしたKis-My-Ft2のバラード「最後もやっぱり君」も話題となっている。

ナチュラルさと純粋さは、玉森さんの持ち味

玉森が演じた“伸”は、関西弁の優しく真っ直ぐな心を持つ青年ということで、彼は今回、初めて関西弁での演技にトライした。

三宅監督は「とても吸収力のある方です。ナチュラルさと純粋さは、玉森さんの持ち味ですね」と評価する。

映画初主演というプレッシャーを抱えながら、慣れない関西弁に対して、英語の勉強をする気持ちで臨んだという玉森。

共演者の片岡愛之助にアドバイスを受けたりして、なんとか形になったものの、そこに“伸”はいなかった。

三宅監督は「言葉ばかり気にしていると芝居にならない。初めは何度も指導しました。関西弁に苦しんでいることはわかっていたし、なんとか乗り越えてほしいと。彼の中にあるナチュラルで純粋な心こそ、求める“伸”の姿だったので」と振り返る。

「芝居って、本当に難しいですね」

この作品は言葉を何よりも大切にし、テーマとしても重きをおいている。

そんな中、方言に引っ張られてしまう玉森に、三宅監督はまず表情について、その都度リクエストを出し、語らずとも“伸”の一本気が伝わる演技を求めたという。

難しい要求にも関わらず、日を増すごとに玉森は理解を深めていき、ある時、玉森は監督に「芝居って、本当に難しいですね」と話したそうだ。

三宅監督は言う。「あの時、彼の変化を感じました。関西弁をそれこそ一言ずつ確認しながら伸を演じて、ご自身で壁に気付いたのだと思います。きっと芝居を理解することで、彼の中で“伸”を落とし込めたのではないでしょうか。その日から砂が水を吸う勢いでした。今まで垣間見えていた“玉森裕太”が消えました」と、玉森を称える。

元から持っていたナチュラルさ、純粋さ、そして透明感。“伸”とは「性格こそタイプが一致しない」と本人が語るなか、三宅監督は「内に秘めたモノは役と一致しているから玉森でなければ駄目だった」と断言する。

共演の西内も「現場に入ると、関西弁が完璧に入っているんです。玉森さんの役者魂を見て気持ちが引き締まりました」と玉森の役者としての姿勢を絶賛する。

玉森自身「ポピュラーな方言である関西弁に挑戦とのことで、とても緊張しました。それでも伸は真っ直ぐでピュアな人。こんな人いいなぁって思いながら演じて、明るく積極的なところが全面的に出るよう意識しました。関西弁のおかげで自然と良いテンションが表現できました」と関西弁の習得に価値を見出していた。

三宅監督は「自分が関西出身なので、嘘の関西弁は許せないんです。玉森さんは大丈夫。“伸”に出会えるはずです」と太鼓判を押す。

『レインツリーの国』で、俳優として大きな飛躍を遂げた玉森。今後の俳優としての伸びしろが楽しみでならない。