Windows Vista終了前にGoogleが最後通告!  Chromeを安心して使えるのは来年3月31日まで

写真拡大 (全2枚)

パソコンでGoogleのサービスを利用するなら、ブラウザはGoogle Chromeがベストだ。しかし、Windows Vistaユーザーの場合、注意が必要だ。

Windows Vista でChromeを安心して使えるのは、来年の3月末までだ。
なぜなら、2016年3月31日、ChromeがWindows Vistaのサポートを終了するからだ。

つまり。Windows Vistaは、マイクロソフトのサポートが終了する前に、Chromeからサポート終了を先に告げられてしまったのである。

●Google ChromeがWindows Vistaにサポート終了を宣告
2015年11月10日、GoogleはブログでGoogle Chromeでサポート終了するOSを発表した。

2016年3月31日、Google Chromeがサポートを終了するOSは、次のとおりだ。
・Windows XP
・Windows Vista
・Mac OS X 10.6(Snow Leopard)
・Mac OS X 10.7(Lion)
・Mac OS X 10.8(Mountain Lion)


原文では。
「…these platforms are no longer actively supported by Microsoft and Apple. 」と書かれている。
「…これらのプラットフォームは、もはやマイクロソフトやアップルに積極的にサポートされていない」という意味だ。

「なるほど、確かに……」と、そのままスルーしそうになるが、ちょっと待ってほしい。

Mac OSについては、アップルがOSのサポートポリシーを公開していないので、なんとも言えない。
Windows XPについては、すでにマイクロソフトのサポートが終了しているので、来年3月末までサポートされるのは、むしろ引っ張りすぎというのが正直なところ。

だが、問題はWindows Vistaだ。
マイクロソフトが公開しているWindows Vistaのサポート終了日は次のとおり、
2017年4月11日


とりあえず、まだ1年5ヶ月くらい残っているのだ。
それまでは、マイクロソフトからのセキュリティ更新プログラムもしっかり提供される。ところが、Googleは「もはやマイクロソフトに積極的にサポートされていない」という理由から、ChromeによるVistaのサポートを、
2016年3月31日

に終了するのである。

マイクロソフトとしては、GoogleにOSのサポート期限について、あれこれ指摘される筋合いはない話。
事実、OSごとにサポートポリシーを公開し、それをしっかり遵守するのは、マイクロソフトの責任を果たす、とってもいいところでもある。
たとえ、いろいろ問題のあったWindows Vistaでも、マイクロソフトは2017年4月11日まで、しっかりサポートする。


ChromeによるWindows Vistaのサポート終了日は2016年3月31日、マイクロソフトによるWindows Vistaのサポート終了日は2017年4月11日となっている。


●アプリがWindowsにサポート終了を宣告する時代に
とはいえ、Chrome側のサポートが終わると、どうなるのか。
Windows VistaでChromeを使っているユーザーは、Chromeのセキュリティ更新を受けられなくなる。

したがって、現在、Windows VistaでGoogle Chromeを利用している方は、
来年の4月以降、
・Chromeの利用をやめて別のブラウザに変更する
・OSをWindows 7以降にバージョンアップする

以上を実行することが望ましい。

それにしても、まだ寿命の残っているWindows OSに、アプリがサポート終了を先に告げる時代がやってくるとは……。時代は変わったものだ。

Chromeがサポート終了するOSについての記事(英語)



井上健語(フリーランスライター)