韓国の鉄道車両産業が存廃の危機 「海外受注が急減」と窮状を訴える

ざっくり言うと

  • 鉄道車両などを手がける現代ロテムの専務が、韓国鉄道業界の窮状を訴えた
  • 海外受注額が2012年をピークに、急激に減っているという
  • 日本などが自国企業の海外受注支援に乗り出し、劣勢に立たされているとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング