位置情報により残業を自動で記録

写真拡大

ITベンチャー企業のソフィアライト(東京都港区)は、残業の証拠をiPhoneのGPS機能により自動記録するアプリ「残業証明アプリ」を2015年10月21日にリリースした。

特殊ロジックを搭載することで位置情報を正確にとらえ、残業の証拠として自動的に記録する。出社や退社の際に必要な操作もなく、省エネ設計であるためバッテリーへの影響も小さい。

また、弁護士が監修しているため、法的にも証明力のある情報を集めることができる。

ワンタッチで残業代請求

最大の特徴はワンタッチで行える残業代請求代行だ。記録された情報をもとに残業代が自動で計算され、退職時には「残業代請求依頼代行」ボタンを押すだけで担当弁護士へ情報が送られる。これにより、弁護士を探し、依頼するというこれまで敷居が高かった手続きが大幅に簡略化された。法的に請求可能な2年分の情報を記録できるため、証拠が足りずに泣き寝入りをする、という展開を防ぐことができる。

また、このアプリを紹介している弁護士のブログやホームページに記載されているクーポンコードを入力することで初期費用が無料となる。

 アプリ利用料は無料。

iTunes Storeにてダウンロード可能。