ハン・ソロとチューバッカは“老夫婦”のよう、ハリソンが関係を語る。

写真拡大

ハリソン・フォード(73歳)はハン・ソロとチューバッカの関係を、まるで老夫婦のようだと思っているという。

12月公開となる「スター・ウォーズ/フォース覚醒」でお馴染みのハン・ソロ役を演じているハリソンは、ピーター・メイヒュー(71歳)演じるチューバッカとの間柄についてエンパイア誌に「何よりもこの2人はまるで老夫婦のようなんだよ。新作映画の中でもいつもと変わらない2人を見ることが出来るよ」と話している。

さらにハン・ソロとチューバッカが再会を果たしたシーンのことを「みんなも想像できると思うけど心地よいものだったね。古い友人たちに会うのはとても喜ばしいことだからね」と思い返した。

つい先日には、レイア姫役で再び新作に登場するキャリー・フィッシャー(59歳)があるインタビューに対して「私はずいぶん前にレイア姫と認識されていることを受け入れたの。それは私という人間の中の大きな一部として共存しているからね。この映画に出演することにためらいはなかったわ」と語っており、さらに自身の年齢でも役をもらえたことに喜びを感じると言い、「私は女優だからハリウッドでは30歳を超えると仕事をもらうのが難しくなるの。もしかしたら今は40歳になっているかもしれないけどね」と続けていた。