イケアの「イノヴェイション・ラボ」:画像ギャラリー

写真拡大

イケアはコペンハーゲンに、イノヴェイション・ラボ「Space10」をオープンさせた。ギャラリー形式で紹介する。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「イケアの「イノヴェイション・ラボ」:画像ギャラリー」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-space-10-c-alastair-philip-wiper-569-932x699

2/11Space10の建物は、水産会社の倉庫を改装したものだ。

03-space-10-c-alastair-philip-wiper-560-edit-932x699

3/11

04-space-10-c-alastair-philip-wiper-351-932x699

4/11運営方法はフランスのサロンのような印象だ。教授や学生、デザイナー、アーティスト、プロデューサー、そのほか面白い人々がワークショップや展示会を目的に、入れ替わり立ち替わりやってくる。

05-space10workshop_7_5-c-zinna-brigh-mac-eochaidh-932x699

5/11「ここは、具体的な製品を生み出す工場ではありません。コンセプトを生み出す場所なのです」

06-space-10-c-alastair-philip-wiper-382-edit-932x699

6/11

07-space-10-c-alastair-philip-wiper-239-932x699

7/11

08-space-10-c-alastair-philip-wiper-317-932x699

8/11

09-space-10-c-alastair-philip-wiper-421-932x699

9/11

10-space-10-c-alastair-philip-wiper-447-932x699

10/11

11-space-10-c-alastair-philip-wiper-541-edit-932x699

11/11

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 01-space-10-c-alastair-philip-wiper-465-932x699

あらゆる場所が、思考と創造性を促進するようにデザインされている。

02-space-10-c-alastair-philip-wiper-569-932x699

Space10の建物は、水産会社の倉庫を改装したものだ。

03-space-10-c-alastair-philip-wiper-560-edit-932x699

04-space-10-c-alastair-philip-wiper-351-932x699

運営方法はフランスのサロンのような印象だ。教授や学生、デザイナー、アーティスト、プロデューサー、そのほか面白い人々がワークショップや展示会を目的に、入れ替わり立ち替わりやってくる。

05-space10workshop_7_5-c-zinna-brigh-mac-eochaidh-932x699

「ここは、具体的な製品を生み出す工場ではありません。コンセプトを生み出す場所なのです」

06-space-10-c-alastair-philip-wiper-382-edit-932x699

07-space-10-c-alastair-philip-wiper-239-932x699

08-space-10-c-alastair-philip-wiper-317-932x699

09-space-10-c-alastair-philip-wiper-421-932x699

10-space-10-c-alastair-philip-wiper-447-932x699

11-space-10-c-alastair-philip-wiper-541-edit-932x699

デンマークの首都コペンハーゲンのなかでも、これから発展が期待できるエリア。ここにイケアは、「Space10」をオープンさせた。

Space10は、普通の店舗とはちょっと違う。ふらっと立ち寄って、「BILLY」シリーズの書棚を買って帰ることはできない。「青と黄色の入り口を通るときに感じる期待感」が、ここにはない。

ここはイケアのイノヴェイション・ラボであり、「次の偉大なアイデア(Next Big Idea)」が誕生し成長する場所としてイケアが期待をかけるところだ。11月第3週に正式にオープンし、地元のRebel Agency社が運営を担当している。

Space10の建物は、水産会社の倉庫を改装した。その運営方法はフランスのサロンのような印象だ。教授や学生、デザイナー、アーティスト、プロデューサー、そのほか面白い人々がワークショップや展示会を目的に、入れ替わり立ち替わりやってくる。

ここに来たグループは、事前に決められたテーマに沿ってブレインストーミングを行い、プロジェクトを生み出す。イケアのコンセプト全体やフランチャイズを担う「インター・イケア・システムズB.V.」のイノヴェイション・コンセプト・マネージャーを務めるゴーラン・ニルソンは、これを「サーキュラー・エコノミー」(循環型経済)と呼んでいる。

たとえば、Space10がコペンハーゲン・インタラクションデザイン研究学校(CIID)科の学生に対して、完全循環型の生活様式を考えるように依頼すると、学生たちは、上に置かれた熱いコーヒー入りのマグカップやコンピューターから熱を取り、それを電気に変換して機器類を充電できるテーブルを考案した。

「これと同じことをイケアのほかの部門でやっていたら、1年はかかったでしょう。でも学生たちはたった2週間でこれを考え出しました」とニルソン氏は言う。これぞまさしく、インター・イケア・システムズB.V.がSpace10に生み出してほしいと願う、一段と強化された創造的思考だ。

関連記事:IKEAカタログから見えてくる「世界の人類学的考察」

TAG

ArchitectureDesignIKEAWIRED US