[11.26 練習試合 湘南 1-1 U-22日本代表候補 BMWス]

 キャプテンは失点も前向きに捉えようとしていた。序盤から湘南に主導権を握られたU-22代表候補は前半27分に先制点を献上してしまうが、MF遠藤航(湘南)は「いい課題になった」と話した。

 失点の場面では、左サイドを崩されて送られたクロスの流れから波状攻撃を受けた。ゴール前には人数がそろっており、攻撃をはね返し続けたものの、最後はこぼれ球をフリーのMF菊地俊介に蹴り込まれてしまう。「中には人がいましたが相手ボランチのところを最終的に空けてしまいましたし、何度かクリアできるチャンスがあったと思うので、そこではね返さないといけなかった」。失点場面を冷静に振り返った遠藤は、「ここでそういう失点の仕方が出たというのは、良くないことではありますが、ポジティブに考えて、次はやらせないことを意識すればいいと思う」と前を向いた。

 他にも課題はあった。「守備に回ったときに4-2-3-1から4-4-2になって2トップが相手CBにプレスをかけ、難しいようだったら守備ブロックを敷くことになっていましたが、そこが中途半端になってしまいました」と語ったように、前線からプレッシャーをかけるのか、引いてブロックを作るのかが曖昧になり、全体が間延びしてしまう。前半途中からシステムを4-3-3に変更したことで、距離感が良くなって徐々にリズムを作り始めたものの、システム変更は手倉森誠監督の指示であり、「柔軟性が足りなかった」と遠藤は振り返る。

 この日はあくまで練習試合。もちろん無失点で勝利を収めるに越したことはないが、何よりも大事なのは1か月半後に始まるリオ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権)で五輪出場権を手にすること。その前に出た課題を、今後行われるカタール遠征と石垣島キャンプで修正していくことになる。

 最終予選までの1か月半、「最終予選に向けて戦う気持ち、覚悟を一人ひとりがしっかりと持っていくべきだと思うし、心の準備が一番大事です」とメンタル面の準備が重要だと話した。

 この日は所属する湘南のホームスタジアムでの練習試合となり、多くの湘南サポーターが詰めかけた。遠藤は「良い雰囲気を作ってくれたことに感謝しています。湘南のサポーターの皆さんもリオ世代の代表を応援してくれていると思うので、最終予選に向けて良い準備をして、いい結果を報告できるように頑張りたいです」とリオ五輪出場権獲得を改めて誓った。

(取材・文 折戸岳彦)


●AFC U-23選手権2016特集