恋愛にも積極的で昔からモテモテ?

写真拡大

 11月27日から始まるフィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯に出場する羽生結弦(20才)。羽生にとってGP初戦となったカナダ大会では2位になったこともあり、GPファイナル進出には是が非でも優勝したいところ。そういった背景もあり、母から「恋愛禁止」を厳しく通達されたという。

 スケート一筋にみえる羽生だが、「実はかなりモテるんです」と明かすのは高校の同級生だ。

「割と男っぽいところがあり、恋愛にも積極的で女性からモテたんです。高校時代は同じフィギュア部に彼女がいるとか、ジュニア時代からつきあっている女性が東京にいるとか、噂が絶えませんでした」(羽生の同級生)

 羽生は過去のインタビューで理想のお相手として「フィギュアスケートをやっている人がいい」と話していて、最近では「2人の女子選手」との“恋仲”が噂されてきた。

「1人は村上佳菜子選手(21才)です。ユヅと村上は小学3年生のときの合宿で出会い、世界のトップスケーターになるまで苦楽を共にしてきた幼なじみ。ユヅがソチ五輪で金メダルを決めたとき、リンク脇で村上が抱きついたのは印象的でしたが、昔から大の仲良しであることはフィギュア関係者なら誰でも知っています。でも、友達とはいえ、あまりに距離が近く、“もしかして…”との噂が絶えません。もう1人は、ユヅの1学年上の今井遥選手(22才)です。ユヅとお揃いのブレードカバーやクッションを愛用していて、こちらも噂になりました」(連盟関係者)

※女性セブン2015年12月10日号