▽26日にShonan BMWスタジアム平塚で行われた湘南vsU-22日本代表のトレーニングマッチは、1-1の引き分けに終わった。

▽U-22日本代表を率いる手倉森監督の要望を受けて[4-4-2]の布陣を敷いた湘南に対し、U-22日本はMF中島(FC東京)をトップ下に置く[4-2-3-1]を採用。最前線にはFWオナイウ阿道(千葉)が入った。

◆U-22日本代表

GK 櫛引

DF 室屋、岩波、植田、山中

MF 遠藤、大島

MF 野津田、中島、矢島

FW オナイウ阿道

◆湘南

GK イ・ホスン

DF 高山、坪井、キム・ジョンピル、三竿

MF 古林、菊地、永木、可児

FW 山田、藤田

▽日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督をはじめとするA代表の全スタッフが観戦に訪れた一戦は、キックオフ直後から湘南の攻勢が続いたものの、6分にボックス左角付近からMF中島がミドルシュートを放つと、7分にもボックス右角付近からMF野津田がミドルシュートを打って応戦する。

▽しかし、15分を過ぎたあたりから再び湘南ペースとなり、27分にゴールを割られてしまう。クロスによる揺さぶりから湘南が波状攻撃を仕掛けると、ボックス手前にこぼれたクリアボールをMF菊地俊介が右足でダイレクトシュート。これがゴール右隅に決まり、湘南が先手を奪った。

▽先制を許したU-22日本は失点を喫した直後、オナイウ阿道のロングシュートがポストを叩くと、34分にはオナイウ阿道と中島によるカウンターでゴールに迫る。オナイウ阿道がボールを持ち込み、ボックス左の中島にパス。中島はシュートまで持ち込んだが、GKのセーブに遭い、ゴールを奪うことはできない。

▽日本は前半の終盤から遠藤をアンカーに置き、MF矢島(岡山)とMF大島(川崎F)をインサイドに据えた[4-3-3]にシステムを変更するが、ペースをつかみきれないまま前半を終えた。

▽30分過ぎから徐々にメンバーを入れ替えていた湘南に対してU-22日本は、DF奈良(FC東京)、DF伊東幸(鹿島)、MF原川(京都)といったメンバーを後半の頭から投入。引き続き[4-3-3]のシステムを採用する。そして55分過ぎには、FW鎌田(鳥栖)やFW伊東純(甲府)を、60分過ぎには、MF川辺(磐田)、DF佐藤(名古屋)といった新戦力を送り出した。

▽すると75分以降はU-22日本の攻勢が続き、77分には右サイドを抜け出した伊東純のシュートが右ポストを叩く。78分には原川のスルーパスを受けた中島が素早い反転からシュートを放ったが、ゴールは枠の右に外れた。84分にも裏に抜け出した中島が決定機を迎えるが、GKにゴールを阻まれる。

▽U-22日本は85分、ケガ明けのFW鈴木(水戸)を調整の意味も込めて投入すると、その鈴木がボックスの外から果敢にゴールを狙う。88分、鈴木の右足から放たれたグラウンダーのシュートがゴールネットを揺らし、試合は終了。鈴木の復活を告げるゴールにより、今回のトレーニングマッチは、引き分けという結果に終わった。

▽なお、右ふくらはぎを痛めているMF前田(松本)と負傷明け間もないDF松原(新潟)の2選手は、大事をとって今回のトレーニングマッチには出場していない。今回のスコアとU-22日本代表の出場選手は以下の通り。

湘南 1-1 U-22日本

【湘南】

菊地俊介(27分)

【U-22日本】

鈴木武蔵(87分)

◆U-22日本代表前半

GK

櫛引政敏(清水)

⇒33分:杉本大地(京都)

⇒61分:牲川歩見(磐田)

DF

室屋成(明治大)

⇒46分:伊東幸敏(鹿島)

岩波拓也(神戸)

⇒68分:高橋祐治(讃岐)

植田直通(鹿島)

⇒46分:奈良竜樹(FC東京)

山中亮輔(柏)

⇒61分:佐藤和樹(名古屋)

MF

遠藤航(湘南)

⇒68分:秋野央樹(柏)

大島僚太(川崎F)

⇒61分:川辺駿(磐田)

野津田岳人(広島)

⇒46分:原川力(京都)

中島翔哉(FC東京)

⇒82分:鈴木武蔵(水戸)

矢島慎也(岡山)

⇒56分:伊東純也(甲府)

FW

オナイウ阿道(千葉)

⇒56分:鎌田大地(鳥栖)