電柱にゾロリを探す張り紙を貼るポプラ社社員

写真拡大

2017年に30周年を迎えるロングセラー児童書シリーズ「かいけつゾロリ」のゾロリが12月の新刊発売を前に消えてしまい、出版元であるポプラ社の社員が総出になって探すという動画が現在配信中だ。

[動画]児童書「きえた!? かいけつゾロリ」PR動画

動画は、電柱に「さがしています!! かいけつゾロリ」と書かれた張り紙を貼る社員の姿からはじまり、原作者の原ゆたか先生からポプラ社社長のもとに、ゾロリが行方不明との情報がもたらされ、緊急全社会議の招集や、ゾロリ捜索本部の立ち上げなど、関係者のあたふたぶりが描かれたもの。

途中、ゾロリ編集担当、営業局長、取締役、財務局長といった肩書きの人物が登場。その財務局長が「もしいなくなったら、こんなに売上げ落ちちゃいます」とフリップを指し示しながら嘆き、「みんなの冬のボーナスが払えないんですよ」とぼやくシーンも。ちなみに原作者の原先生や社長以下、すべて本人が演じており、取締役などの肩書きもすべて本物なのだとか。

この動画は、12月1日に発売となる新刊「きえた!? かいけつゾロリ」のプロモーションのために作られたWEB限定ムービー。「かいけつゾロリ」はいたずらの王者を目指すキツネの主人公ゾロリと、ゾロリの子分で双子のイノシシ兄弟イシシとノシシが、修行の旅をしながら行く先々で活躍するというストーリーで、累計3500万部を突破。今、小学生に一番読まれている人気児童書シリーズだ。

そのゾロリがいなくなるということは、ポプラ社にとっても、新作を待っている大勢の子どもたちにとっても一大事。そんな一大事ぶりを社員総出で表現した本動画は、ゾロリらしい、遊び心満載の仕上がりになっている。

『映画かいけつゾロリ』に水樹奈々・野沢雅子が仲間入り!
人気子役の小林星蘭と谷花音、かいけつゾロリの巨大ケーキにおヒゲ書き足す
小林星蘭&谷花音のかわいさに原作者の原ゆたかが次回作の声優をオファー!?
大ヒット児童図書シリーズ「かいけつゾロリ」が初の長編映画化、今冬公開予定!