Doctors Me(ドクターズミー)- 薄毛治療薬と男性ホルモンの関係は?

写真拡大

薄毛に悩んでいらっしゃる方は多いですが、薄毛の原因となる男性ホルモンとその治療薬について聞かれたことはないでしょうか?
今回は、薄毛治療薬と男性ホルモンの関係について医師に解説していただきました。

男性型脱毛症(AGA)とは?

薄毛のうちで、男性型脱毛症によって薄毛になっている方は、遺伝と大きく関わり、男性ホルモンが関係していると考えられています。男性型脱毛症は、AGAともいわれ、前頭部やこめかみなどM字型のような髪の生え際の後退、頭頂部の髪のボリュームの低下によって地肌が見えやすくなるというような症状が起こります。
男性型といいますが、最近では女性にも多くみられます。

男性ホルモンが薄毛を招くのは何故?

男性型脱毛症はまだわかっていないことも多いのですが、男性ホルモン「テストステロン」の代謝物である「DHT:ジヒドロテストステロン」の働きに関係して起こるといわれています。
髪の毛の毛根の一番下のふくらんだ部分を毛球といい、これの先端にある毛乳頭が毛細血管から栄養を取り込んで、髪の毛を成長させます。
この毛乳頭の細胞の中には男性ホルモンと結びつく構造をもった受容体があり、これに男性ホルモンの代謝物DHTが結びつくと、毛髪のたんぱく質を合成して作りあげることが妨げられてしまいます。そのため、毛髪の再生のサイクルがうまくいかず、薄毛になっていくと考えられています。

薄毛に効果的な薬とは!?

この薄毛の治療薬として、フィナステリドという成分の入った薬が使われることが認可されています。
フィナステリドはもともと前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品ですが、副反応として異常な発毛がみられたので、発毛剤として使うことも広がりました。
これは、先に述べたように男性型脱毛症の時の、毛母細胞の働きをおさえて、薄毛の原因をつくってしまうDHTを抑制させるはたらきがあります。そのため、脱毛を防ぐ効果があるとされます。

【医師からのアドバイス】

男性型薄毛症で悩まれている場合は、このような薬を試してみられるのもひとつの方法です。服用の際は必ず、医師に相談して進めましょう。

(監修:Doctors Me 医師)