高カロリーのものを食べたくなるのは記憶のせい?(shutterstock.com)

写真拡大

 人間の食欲と記憶は、密接に関係している――。

 こんなエピソードがある。日本人の女子学生が米国に留学し、現地の女子学生とルームシェアをしたときのこと。引越しの日、2人は荷物を運び込み、部屋が片付いたのは夜遅く。くたくたになった2人は、昼も夜も食べていないことに気づいた。そのとき、日本人の女の子は「あーあ、さっぱりと、たくあんでお茶漬けが食べたい」と言い、アメリカ人の女の子は「あーあ、たっぷりとバターとジャムをぬったトーストが食べたい」と言ったという。

 私たちが何か食べたいと思うとき、それは記憶にあるもの、過去に食べて美味しかった食べ物を思い出すはずだ。日本人とアメリカ人では、育った食生活の環境が違うから、肉体労働の後で食べたいと欲する食べ物も違ってくるのは当然だ。

 「お腹が減った」「甘いチョコレートが食べたい」と思うのは、胃ではなく脳である。血液中のブドウ糖など、さまざまな物質の濃度が低くなり、脂肪が燃焼すると、脳の視床下部にある食欲中枢が指令を出し、空腹を感じる。反対に、血液中のブドウ糖、セロトニン、レプチン、脂肪、タンパク質などが増加すると、食欲中枢が出す指令によって満腹を感じる。

 このような単純な仕組みであれば、余分に食べることはないので、肥満にはならない。しかし、人間の脳は、食欲中枢のような本能的な機能をつかさどる部位の外側に、感情や記憶といった高次な機能をつかさどる部位が発達している。そして、この高次な脳の働きのために、たとえ空腹ではなくても、食欲を刺激する。

美味しいものの記憶が、私たちを太らせる!?

 高次な脳の機能が私たち人間を太らせる――。これに関する新たな研究結果が、米国代謝・減量手術学会および肥満学会が主催するObesity Week2015で発表された。

 それによると、「チョコレート・スプレット」や「チキンウィング」など高カロリーな食品を説明する言葉を見たとき、肥満患者は正常体重者に比べ脳の広い範囲で反応があったという。また、ストレスを感じたときには、肥満患者も正常体重者も高カロリー食品に反応したが、その後、食事量が多かったのは肥満患者だけだったという。

 肥満患者はもともと高カロリーなものを嗜好し、また「それを食べたい」と感じると、我慢できない傾向があるのかもしれない。

匂いのと結びついた記憶を即座に引き出す「プルースト効果」

 ちなみに、ある匂いを嗅ぐことで、それと結びついている記憶を思い出すことを「プルースト効果」と言う。フランスの文豪、マルセル・プルーストの小説『失われた時を求めて』に登場する主人公が、紅茶にひたしたマドレーヌの匂いをきっかけに、幼少時を思い出す描写から名付けられた。

 プルースト効果は、嗅細胞から伝わった信号が嗅皮質を経て、脳の海馬を活性化することで起こるとされている。海馬は、直近から過去2年ぐらいまでの短期記憶を蓄積する機関。海馬を通じて香りの情報は大脳新皮質に伝わって格納される。匂いの記憶は脳のあちこちに収められていて、匂いの刺激によりその匂いと結びついた記憶を即座に引き出す効用があるとされている。

 プルースト効果では、「匂いが記憶を刺激する」という脳の回路が働くが、先の「記憶が食欲を刺激する」という研究結果は、それとは真逆の回路が働いたために起こる現象なのかもしれない。

 ところで、ストレスを感じると食欲が落ちる人もいる。こういう人は肥満にならないのだろうか?

 雑誌『サイコロジカル・サイエンス』に発表された論文によると、ストレスにさらされると食欲が落ちてしまう人は、ストレスがなくなると食欲がアップする。一方、ストレスにさらされると過食傾向にある人は、ストレスがなくなると食欲も減るとのこと。

 つまり、ストレスによって激太りする人も、激痩せする人も、ストレスがなくなれば自然に元の体重に戻るような仕組みになっているのだ。

 今のところいえるのは、これまでに高カロリーの食品を食べて「すごく美味しかった」という記憶がたくさんある人が、肥満になりやすいのかもしれないということだ。美食家は危険かもしれない。
(文=編集部)