この日パー5で2回“直ドラ”を披露!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<カシオワールドオープン 1日目◇26日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>
 兄弟二人三脚で好発進。石川遼はホストプロとして参戦している『カシオワールドオープン』初日で4バーディ・ノーボギーの“68”でラウンド。首位と1打差の2位タイにつけ、キャディとして一緒に戦っている弟・航くんとの“初試合”で結果を出した。
今季の国内男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る
 「ドライバーは自信を持って振れているけど、フェアウェイウッドからアイアンの調子は良くない。アイアンはここ数ヶ月…。ラフからのほうがいいショットが出る」とセカンドショットの不安から前半は我慢のラウンドで、スタートホールの10番から17番まではパー行進。15番ではラフからのセカンドショットが大きくフライヤーし、グリーン奥のギャラリーに当たるアクシデントがあったが、ロブショットで2mにつけパーセーブするなど耐えしのぐと、上がりの18番のこの日初バーディを奪取し、1アンダーで折り返す。
 後半に入ってもアイアンでチャンスを作り出せない展開となるが、2番パー3で20mのパットを沈めると、さらに1つ伸ばして迎えた8番パー3でも今度は16mのバーディトライに成功。後半に3つ伸ばしてトータル4アンダーと上位につけた。
 「今日良かったのはリカバリーショット」と振り返った石川。傍らでともにラウンドした航くんへは「こんなに調子が悪いなかだけど…アプローチを教えて欲しいというし、その部分は見せられたんじゃないかな」と耐えてスコアメイクする姿を見せることができた。自身が史上最年少でのアマ優勝を果たして注目を浴びた15歳と同年齢だけに「(メディアに出るのは)不安なところ。普通の高校生でいて欲しい。(けど)それでもキャディをやらせたいと思ったし、プレーで伝えたい」という兄としての複雑な感情を持っているが、初日は戦う男の背中を見せることができた。
 「グリーンを外して落ち込んでいたのが、そこからまた“よし”という気持ちになれるいい循環になってきた」。もともとグリーンを外すのは当たり前。そこから「相手に対してプレッシャーをかけるリカバリーショットを披露するのが好き」という気持ちを持てているという石川。パッティングも「長いのが入るということはタッチがつかめている証拠」と好感触。「(悪いアイアンは)加減せずに振り切っていきたい」と思いっきりのいいアイアンショットの感触を取り戻すことができれば、兄弟タッグ優勝も見えてくる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>