糖尿病男児の衰弱死事件 逮捕の男「祈祷行為を十数年以上やった」

ざっくり言うと

  • 糖尿病を患う宇都宮市の7歳男児が衰弱死し、自称祈祷師が逮捕された事件
  • 容疑者は治療と称した祈祷行為などを「十数年以上やった」と供述している
  • 男児の両親からは治療費として数百万円を受け取っていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング