フットボールアワー・岩尾望がHKT48の気を抜いたパフォーマンスにダメ出し

写真拡大

25日深夜放送の「HKT48のおでかけ!」(TBS系)で、フットボールアワー岩尾望が、HKT48のパフォーマンスにダメ出しする場面があった。

番組では、大のアイドル好きである岩尾がゲストで登場。しかし、同番組をたまにしか見たことがないという。それもMCを務める相方の後藤輝基と指原莉乃のオープニングトークが終わった時点で、さっさとチャンネルを変えてしまうそうだ。というのは、その後に続くHKT48メンバーのロケVTRを見るのは「しんどい」のだという。岩尾はそのため、メンバーの顔と名前もあまり一致していない。

岩尾の言い分によると、自然体で楽しそうな雰囲気が出ていたら、何も内容がなくてもニヤニヤして見ていられるのだという。後藤が、ファンから見てギャグを言うアイドルはどうなのかと聞く。すると、岩尾は「クイって、なんか残したろってやつ、僕、嫌いなんです。」とはっきり言い、スタジオの笑いを誘う。

さらに岩尾のダメ出しはグループ全体のパフォーマンスにまで及ぶ。グループが大所帯なだけに、端にいるメンバーは画面に映っていないと安心しきっている場合があるという。人数が少ないグループは気を抜くことなく、いつでもがっちり仕上げてくるそうだ。この話を聞いていたHKT48メンバーたちもこの指摘をあっさり認めたため、指原は「正直すぎるでしょ!」と声を上げた。

とはいえ、指原もグループのコンサートで手を抜くことはまずないものの、テレビ出演の際に「今日は(ほとんど)映らないからメイク薄くていいや」と思ってしまう場合もあったと告白する。岩尾は「そこで輝く子に目がいくんですよ!応援したくなるんですよ!」とまくし立てると、後藤に「ナンボほどしゃべんねん!」と止められていた。

【関連記事】
指原莉乃がHKT48の紅白歌合戦出場を「厳しいんじゃないか」と危惧
フットボールアワー・岩尾望の終わった恋のてん末を相方の後藤輝基が暴露
「ブラタモリ」で「HKT」が実は昭和から存在していたことが判明