サービスの概要

写真拡大 (全2枚)

 ブラステルは、国内通話向けとなる、定額従量制サービス「国内トークパック60」を発表した。格安SIM(音声通話機能付)利用者向けに、月額999円で、12月1日から提供を開始する。

 新サービス「国内トークパック60」は、MVNO(仮想移動体電気通信事業者)が提供する格安SIMユーザーを対象に、国内の携帯・固定電話にかけられる、発信専用の通話サービスだ。

 専用アプリなどは不要で、相手先電話番号の前にプレフィックス番号「00912020」を付与して電話することで、ブラステルの料金が適用される。60分間までは月額料金範囲内で無料利用が可能。60分を超えると従量制(2円/6秒)毎の課金となる。一般的なMVNOの通話料である20円/30秒と比較すると、「1か月に約25分以上国内通話をする」場合、「国内トークパック60」のほうが得になるという。

 現在利用している携帯電話番号、契約通信会社などは、そのままで利用可能。携帯電話宛の通話の場合は相手先に発信者番号通知も行われる。

 支払いは、金額を前もってチャージするプリペイド式で、チャージした残高から本サービスの月額料並びに定額超過後の通話料が引き落とされる。

■関連リンク
ブラステル国内通話定額従量制サービス「国内トークパック60」