花粉の飛散開始予想(2016年)

写真拡大 (全2枚)

 ウェザーニューズは26日、2016年の花粉シーズンにおける全国の“スギ・ヒノキ花粉飛散”傾向を発表した。2016年のスギ・ヒノキ花粉は、早ければ2月初めに、関東や九州を中心に飛散が始まる見込みだ。

 2月中旬には、東海や近畿など東〜西日本の広い範囲で飛散がスタート。2月下旬には北陸や東北でも飛散が始まる予想となっている。

 飛散開始後は、7〜10日間程で飛散が本格化。九州や四国で2月末〜3月初め、中国地方や近畿、関東、東海で3月上旬〜中旬、北陸で3月中旬〜下旬、東北で3月下旬〜4月上旬にスギ花粉の飛散がピークを迎えるという。なおヒノキ花粉のピークは3月中旬〜4月中旬の予想だ。

 花粉飛散量は、全国的には平年より少なめだが、昨シーズンの花粉飛散量が少なかった反動で、九州北部や四国は、2015年の約1.5〜2倍となる見込み。