石川遼、ホスト大会で1打差2位発進!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<カシオワールドオープン 初日◇26日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー『カシオワールドオープン』は初日の競技が終了。近年怪我でツアーを離れ、今季特別保障制度で復帰した平塚哲二が5バーディ・ノーボギーの“67”でラウンド、5アンダーで単独首位に立った。現在賞金ランク120位の平塚、来季シードが決まる土壇場の今大会で最高のスタートを決めた。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 1打差の4アンダー2位タイには石川遼、小林伸太郎、チョ・ミンギュ(韓国)の3人がつける。続く3アンダー5位タイには谷原秀人、小林正則、S・H・キム(韓国)、イ・サンヒ(韓国)が並んだ。さらに2アンダー9位タイにはI・J・ジャン(韓国)、ハン・ジュンゴン(韓国)、河井博大、矢野東ら8人がつけた。
 また、賞金ランク2位につける宮里優作は3バーディ・2ボギーの“71”でラウンド、1アンダーの17位タイに。賞金ランク1位で賞金王に王手をかけるキム・キョンテ(韓国)は1バーディ・1ボギーのパープレー、イーブンパーの39位タイと出遅れてた。
【初日の結果】
1位:平塚哲二(-5)
2位T:小林伸太郎(-4)
2位T:チョ・ミンギュ(-4)
2位T:石川遼(-4)
5位T:S・H・キム(-3)
5位T:小林正則(-3)
5位T:谷原秀人(-3)
5位T:イ・サンヒ(-3)
9位T:矢野東(-2)
9位T:I・J・ジャン(-2)他
17位T:宮里優作(-1)他
39位T:キム・キョンテ(E)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>