女性が、胸から痩せるのはどうして?

写真拡大

9月末に元俳優の片山怜推さんとの離婚報道があった女優の真木よう子さんが、最近、激ヤセした、胸が小さくなった…などで話題になっています。

真木よう子さんの胸のサイズの変化について真偽は不明ですが、一般的にも、女性は痩せるときには胸から痩せるといいます。本当なのでしょうか?

ダイエットをしても胸から痩せるのはどうして?

脂肪が燃焼されやすいから


セルライトは繊維状の脂肪が絡み合い、老廃物を蓄積させて血液の循環を悪くするものです。太ももやお腹の脂肪はセルライト化していて燃焼しやすい状態です。一方で胸はセルライト化しにくい脂肪といわれ、燃焼しにくい特徴があります。

もともと胸の脂肪は心臓に近く温度が高いことから燃焼しやすいといわれています。そのため、ダイエットなどで激しい運動をすると、胸の脂肪から燃焼していくため、サイズダウンの原因になってしまうのです。

栄養不足で胸の細胞がつくられないから


バストサイズを維持するためには、胸の細胞がきちんと働いている必要があります。しかしダイエットによる食事制限や運動で栄養素が足りなくなると、胸の重さを支えるクーパー靭帯が弱くなってしまいます。また、胸に栄養を運んでいるのは血液ですが、ダイエットをすることで正常に血液が作られず、循環不足になります。胸の細胞を作り出すことや、すでにある細胞を維持することができなくなり、胸がしぼんでいくのです。

女性ホルモンの分泌低下により乳腺が衰退するから


過度なダイエットをすると女性ホルモンの分泌が減少されます。女性ホルモンは胸の形や大きさを保つ役割をしていますが、分泌量がへることで「乳腺」自体もしぼむため、胸がしぼんでしまいます。ハリがなくなり、垂れたバストになりやすいといえるでしょう。

胸をしぼませずにダイエットするにはどうすればいい?


胸をしぼませずに減量するためには、姿勢をよくして生活することが大切です。猫背は代謝を悪くし、栄養や酸素が効率的に運ばれません。背筋をよくするとわかるように、正しい姿勢をすることで胸を吊り上げる筋肉の状態が変わります。正しい姿勢にすることで胸の筋肉を正常に働かせ、胸の下垂を防ぎスタイルを綺麗に見せる効果があるのです。

また、「胸郭呼吸(きょうかくこきゅう)」といって、息を吸うときにお腹をへこませて胸に空気を取り込む呼吸法も効果的です。通常は、加齢とともに身体の肉がさがり、胸がしぼみ、お尻や下半身がどっしりしていきます。胸郭呼吸はそれを防ぐ効果があります。バストアップ効果だけではなく、お腹をスリムにさせることもできるので一石二鳥ですね。

監修:岡本良平(医師)