写真提供:マイナビニュース

写真拡大

D2C Rは11月25日、海外の広告効果測定ツール提供会社「adjust(アジャスト)」「AppsFlyer(アップスフライヤー)」「TUNE(チューン)」と提携したことを発表した。これに伴い、3社が提供する広告ツールと連携するデータ基盤「ART DMP」を開発し、提供を開始する。

「ART DMP」によって蓄積・分析されたデータは、提携先のDSP・アドネットワーク・ソーシャルメディアに提供されることでリテンション広告配信などに活用することが可能。3つの広告効果測定ツールのいずれかをセットで利用できるため、多角的かつ多様な切り口での広告効果測定を効率的に行うことができる。

同社によるとこれまで、DMPや広告効果測定ツールの利用にはさまざまな制約があったという。しかし今回、広告主に対し制約なく利用を可能にすることにより、広告代理店や広告効果測定ツールにしばられることなく、ワンストップで高度な広告配信を可能にする。また、同社ではユーザーID(IDFA/Google Advertising ID)を含む計測データは広告主に帰属するものと考え、広告効果・測定ツールの切り替え時などに「ART DMP」の計測データを広告主に提供する考えだ。

(ゴーズ)