写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アプリックスIPホールディングスは11月25日、Bluetooh通信機能を小型センサーやスマートロックを遠隔地から操作するソリューションの提供を開始したと発表した。

スマートロックや小型のセンサーは現状、設置場所に制約がなく、電源ケーブルなどの配線工事をしなくて済むように、消費電力が低くて電池駆動が可能なBluetooth方式の通信モジュールを採用しているものが大多数を占めている。ただ、これらの機器は、Bluetoothで近くにある端末と直接通信するものであり、遠隔地のデータセンターで情報を受信したり遠く離れた管理センターから操作したりといった利用は想定されていない。

同社が提供するソリューションは、同梱する「BLE/Wi-Fiゲートウェイ」を活用する。Bluetoot搭載の小型センサーが送信した情報をWi-Fi端末が受信し、そこからインターネット上にあるクラウドサービスに転送する。これにより、小型センサーの情報をリアルタイムでクラウドに蓄積できるようになるほか、クラウドサービス経由で遠隔地から小型のセンサーを操作できる。

同ソリューションはさまざまなシーンでの活用が想定されており、例えば、身の回りのスマート家電の利用状況や身に付けた活動量計から直接クラウドに情報を上げることで、利用者に負担の少ないながら精度の高い介護や見守りサービスを実現できるという。

また、安価なセンサーを大量に設置して効率よく情報を収集できるようになるため、オフィスや店舗などの状態を大量にクラウドに収集してビッグデータとして活用できるほか、今後急速に拡大すると見込まれているペットビジネス市場におけるペットの健康管理や見守りなどのサービスにも活用が期待できる。

同社は、ホテルやアパートなどの管理会社や家・オフィス・店舗などにセンサーを設置して遠隔監視などのサービスの供給企業にソリューションを提供していくとしている。