画像

写真拡大

 D2C Rは11月25日、海外の広告効果測定ツールを提供する3社と提携し、データ基盤「ART DMP」をリリース。同サービスで蓄積、分析したデータはDSPなどの広告配信に利用でき、また提携した3社の内いずれかの広告効果測定ツールによる効果測定も行える。

 D2C Rは11月25日、アプリ配信企業やコンテンツプロバイダをはじめとする広告主向けに、海外の広告効果測定ツールを提供する「adjust」「AppsFlyer」「TUNE」の3社と提携し、それらのツールと連携するデータ基盤、「ART(アート) DMP」を開発し提供を始めた。

 同サービスによって蓄積、分析されたデータは提携先のDSP・アドネットワーク・ソーシャルメディアに提供することにより、休眠復帰を促すといったリテンション広告の配信等に利用することができる。また、提携する3社の広告効果測定ツールのいずれかをセットで利用することが可能なため、多角的かつ多様な切り口での効率的な広告効果測定が行える。

MarkeZine編集部[著]