やさしい「米蜜ビスケット」を金沢から。 #IFFT

写真拡大 (全3枚)

東京ビッグサイトで開催中の「国際見本市インテリア ライフスタイル(IFFT)」。きょうはルーミー編集部がまるごと東京ビッグサイトへ出張し、現地からリアルタイムで情報をお届けします。IFFT2015の記事はこちらからどうぞ。


ビスケット、クッキー、サブレ。小麦粉を使った焼き菓子で、たとえ同じモノでもお国により様々な呼び名がありますが日本で「ビスケット」と聞くとなんだか懐かしい温かな響きを感じます。

そんな素朴なイメージそのままの商品を展開している金沢の「hokka」から、これまたひときわ優しいビスケット「米蜜ビスケット」をご紹介します。



原料のてんさい糖の他に、地元金沢のじろあめ、玄米甘酒を使っています。この原料は発酵食品なので、自然食志向の方にもいいかもしれません。

小さいお子さんのいる方は、特に原料成分を気にしますよね。

卵、乳を使っていないのですが、そういったアレルギー対応のお菓子は、世の中たくさんあれど、残念ながら私は「固いなぁ、ボソボソだなぁ…」と感じることがあります。しかし、この米蜜ビスケットは思った以上にサクサク!



秘密はこちらの米蜜ビスケットの秘密をご覧ください。

知れば知るほど食べたくなるビスケット、金沢に行かなくても東京でも入手可能だそうですよ。

米蜜ビスケット[hokka]

IFFT2015関連記事はこちらから。