GPSにより職場で残業したことを自動で記録し、残業代も表示できる。残業代請求代行の依頼までワンストップで完了する(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 ソフィアライトは25日、職場で残業した証拠を自動で記録する「残業証明アプリ」をリリースした。対応OSはiOS7.0以降で、iPhone、iPad、およびiPod touchに対応している。

 同アプリの仕組みとしては、iPhoneなどに搭載されているGPSによる位置情報を元に職場で残業した時間と概算の残業代を自動で最大2年間記録し、残業代を表示する。また、記録だけでなく、退職時などに「残業代請求代行依頼」ボタンを押せば、記録された証拠データを担当弁護士へ送信し、残業代請求代行の依頼まで行うことも可能だ。

 特殊ロジックを搭載することで、GPS特有の誤差を修正し、高精度な位置情報の取得も行えるという。また、省エネ設計によりバッテリーの消費も抑えられている。アプリはすべて全自動なので出社・退社のたびにアプリを操作する必要もなく、記録漏れも防ぐことができる。

 アプリのダウンロードおよび利用は無料で、弁護士に残業代請求代行を依頼し、未払い残業代が支払われた場合に成功報酬が発生する仕組み。無料クーポンコードの番号を入力することで弁護士に残業請求代行を依頼する際の初期費用(着手金)も無料になる。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI