住みたい街No.1 吉祥寺に宣戦布告『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』

写真拡大

吉祥寺も終わったな

こんなセリフから始まるマキヒロチ(『いつかティファニーで朝食を』)の『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』は、「不動産」をテーマにしたちょっと珍しいマンガだ。


吉祥寺といえば、住みたい街ランキング上位の常連として知られている。確かに、新宿・渋谷まで20分程度と交通の便がよく、デパートも個人商店も充実しているので買い物にも困らない。井の頭公園もあるので、自然豊かな環境としての魅力もある。さらには、街の利便性を上げるべく、大きな再開発も進行中だ。

お洒落で、キレイで、便利。吉祥寺は確かにいい街だ。しかし、吉祥寺"だけ”がいい街ではない。

吉祥寺盲信者に告ぐ「いっぺん吉祥寺は忘れよう」


新しい商業施設がどんどんできて利便性が高まる反面、個性を失いつつある街、吉祥寺。冒頭の「吉祥寺も終わったな」は、本書の主人公・重田姉妹(双子)の言葉だ。亡くなった両親の跡を継いで5年前から吉祥寺で不動産屋を営んでいる2人を訪ねてくるのは、「やっぱり、住むなら吉祥寺?」という人たち。

客たちは、さまざまな事情を抱えている。

例えば、第1話「重田不動産」に登場するのは、7年同棲していた男に「好きな人ができた」と告げられ、家を探すことになった若い女性である。

上京して以来7年、ずっと吉祥寺に住んでいるという彼女の探す家の条件は、こんな具合だ。

・家賃8万円
・吉祥寺駅から徒歩10分以内
・築浅
・風呂トイレ別

しかし、気に入る物件は見つからない。

イラストレーターの彼女は、基本的に家仕事。「都会に近いほうがいい」「古本屋と自然があると嬉しい」という希望はあるものの、それは「吉祥寺でなければならない」ということだろうか。重田姉妹は告げる。

じゃあ吉祥寺やめよっか?

「生活」をイメージさせる物件案内


向かった先は「雑司が谷」(豊島区)。

渋谷まで副都心線で約15分、歩いて池袋駅にも行ける。重田姉妹に言わせれば「都会なのに(中略)地味でニッチな街」だ。

重田姉妹の物件案内はじつに巧みである。与えられた情報と反応をもとに、客が言葉にしていないけれども"じつは求めているもの”を的確に汲み取る。そして、その街で暮らす自身の姿までもをイメージさせるのだ。

姉妹の接客力は、読者にも及ぶ。

第1話では「古書 往来座」「肉の大久保」「赤丸ベーカリー」といった、雑司が谷を知っていれば「あー」となる店が実名で登場する。街がぐっと身近になる、具体的になる。気づけば筆者も、賃貸情報サイトを開いて新生活をシミュレーションしていた。つい最近引越しをしたばかりなのに。

「引越し」という、ささやかだけれど、役にたつこと


『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』に登場する客たちが引越しを考えた、あるいはせざるを得なくなったきっかけはさまざまだ。男と別れたから、仕事を辞めたから、自分が信じてきた生き方に疑問が生じたから……。

毎エピソード、街を眺める客越しに、その眼前に広がる風景を描いた見開きページが登場する。ここに、「引越し」をきっかけに、新たな一歩を踏み出す彼女たちの決意の瞬間が捉えられている。

ささやかな人生の転機を描いた作品である。しかし当人にとっては、それは大きな冒険だ。未来への不安と興奮が凝縮されたその2ページに、目頭が熱くなる。
(辻本力)