牛タンシチュー

写真拡大

レインズインターナショナルが経営する焼肉レストランチェーン「牛角」は、2015年11月25日から「牛タンシチュー」や「海老のアヒージョ」などのおつまみメニューの販売を開始した。

日本初上陸の赤スパークリングワインも

新メニューでは、焼肉だけではなく「お酒のすすむ」メニューに注力。

焼肉屋さんならではの牛スープを煮込んだデミグラスソースが絶品な「牛タンシチュー」(590円、税抜=以下同)や「海老のアヒージョ」(同)のほか、オリーブオイルとホルモンを七輪でぐつぐつと煮込んで食べる「ホルモンのアヒージョ」(同)を開発。

ふんわりクリームチーズをメイプルシロップで仕上げた「ふわふわクリームチーズ」(490円)、焼きたてのとろとろ感がたまらない「焼きカマンベール」(同)も販売する。

また、一部の店舗をのぞき、日本初上陸となる赤スパークリングワインの「カリントン・グレーススパークリングシラーズ」(2480円)も発売。ブラックチェリーやベリーの果実味とスパイシーなフレーバー、心地よい甘みがクセになる味わい。「ちょっぴり大人な」赤スパークリングワインを焼肉とともに堪能できる。