写真提供:マイナビニュース

写真拡大

国内で知らない人はまずいない、ファミリーコンピュータやPlayStation。日本は海外にもよく知られたゲームメーカーを輩出した国ですよね。私たちにも身近な存在ですが、海外の方はこのゲーム機をどう感じているでしょうか。

日本在住の外国人20名に「日本で売っているゲーム機、どのデザインがかっこいいと思いますか?」と質問してみました。

■PlayStation(トルコ/30代前半/女性)
■PlayStation(台湾/40代前半/男性)
■PlayStationです。(韓国/40代後半/男性)
■PlayStation系(マレーシア/30代前半/男性)
■PS4(ロシア/20代前半/女性)
■PS4(タイ/30代後半/女性)
■PS4(中国/20代後半/女性)
■PS4(アメリカ/20代後半/男性)
■PS3(ペルー/30代前半/男性)
■PlayStation3です。(フィリピン/40代前半/女性)
■PlayStation3とPSP。(ブラジル/20代後半/男性)
■PSP(イスラエル/30代後半/女性)
■PlayStation Vita(スペイン/30代後半/男性)

約70%の人が、ソニーのPlayStationシリーズを挙げました。PSPやVitaなど携帯ゲーム機の名前も見られますが、据置型の最新機種・PS4が若干多い印象です。

初代〜PS3までの本体と周辺機器は、同社のVAIOのロゴも手がけたプロダクトデザイナーの後藤禎祐氏がデザインしています。ゲーム機の印象が強かった初代、2までと異なり、3以降はリビングの液晶テレビと並べても違和感のないクールな印象に。横置き時の上面が曲面であることが大きな特徴でしたが、当時の記事で「デザインは商品の使命を表すもの。PS3はブルーレイディスクなどの最新技術を搭載したので、その高品質さを伝える必要があった。そこで建築物のように曲面の美しさを活かした」と後藤氏は語っています。

一方、発表時に、鋭利な菱形が話題になった4のデザイナー・隅井徹氏は、インタビューに「リビングに置けるシンプルなモノをつくりたかった。(略)私は360度視点で考えている。製品は逆さにしても美しくあるべき」と回答したとか。日常と先端を繋ぐ感性でデザインをしていたのでしょう。そんな蓄積が、海外の人たちにも圧倒的な「かっこよさ」を感じさせる製品を生み出す元となったようです。

■ニンテンドーDS(アルゼンチン/30代前半/男性)
■ニンテンドーDS関連がかっこいいです。(スウェーデン/40代後半/女性)

家庭用ゲーム機として世界的に有名な任天堂ですが、回答は2件だけ。しかもどちらも「DS」限定でした。「ニンテンドーDS」は、2004年に発売された2画面の携帯ゲーム機。この商品の発売以降、同社は「ゲーム人口の拡大」を掲げた経営を行っており、この理念に沿った年代問わずプレイできるソフト開発やデザイン開発が特徴です。ハードのデザインにも親しみやすさが感じられますから、「かっこいい」デザインとは少し違うのかもしれません。

■Xbox 360だと思う。(チュニジア/40代後半/男性)
■最近のものはよくなっていると思う。(イギリス/20代前半/女性)
■あまりよくわかりません。(ドイツ/40代前半/女性)
■使っていませんのでわかりません。(ベトナム/30代前半/女性)

その他の回答あれこれ。Xbox360はマイクロソフトが2005年に発売したゲーム機です。ボックス型のXbox Oneとは異なり、「X」にも見えなくない縦型かつオールブラックのデザインが印象的。2013年時点で159万台の売り上げと他の2社に比べるとかなりコアな機種ですから、相当なゲーム好き、もしくはデジタル好きの方と言えそうです。

世界を代表するゲームメーカーが2社もある日本。1985年にアメリカでファミリーコンピュータが販売されて以降、世界に与えた影響は計り知れないものがあります。ゲームの仕事で来日したというイギリス人の知人が筆者にもいますが、ゲーム好きの愛は国内外問わずの様子。日本で生まれたものが世界に広く知られ、日常に溶け込んでいると思うと改めて嬉しさを感じますね。

(木村早苗)