ロシアのラブロフ外相 露軍機の撃墜は「アメリカにも責任」と主張

ざっくり言うと

  • 25日、ロシアのラブロフ外相はアメリカのケリー国務長官と電話会談した
  • ラブロフ氏はトルコ軍による露軍機の撃墜は、アメリカにも責任があると主張
  • ケリー氏は、両国間での緊張を高めないようにする必要があると強調した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング