水飲むだけダイエット?飲むタイミングで成功する理由とは?

写真拡大

 よく、ダイエット中はたっぷり水を飲んだほうがいいといわれますが、その水を飲むタイミングについて、英国のバーミンガム大学より興味深い新たな研究成果が報告されています。

 それは、一日3回の食事の30分前に、必ずミネラルウォーター500mlを摂取するという理論。

 研究によれば、上記の要領で食事をとり続けたところ、12週間後(約3カ月後)には、体重が平均4.3kgも低下したというのです。

 その一方、一日3回の食事中、1回もしくはまったく水を飲まなかったグループは、平均0.8kgの体重低下に留まったのだそう。

 この理由として、食事前の水が胃や腸の管に留まることで、胃が膨れた状態で食事をとることになるため、満腹感を得やすくなることで食べ過ぎを防止できるのではないかとの見方がされています。

 いつも食べ過ぎてしまうという人は、ぜひ「食前水飲み」を実践してみましょう。ただし、飲むのは食事30分前を徹底すること。食べる直前に飲んでしまうと、胃の消化液が薄められてしまい、食べ物の消化・吸収が妨げられてしまうんだとか。

 水を飲むだけでダイエットできるとは、なんとも簡単でお金のかからないダイエット法といえるかもしれませんね。