博報堂は、生活者のスマートフォンアプリ利用実態調査データとweb上の行動データを格納した「App Planning Database」を開発。アプリを活用したマーケティング活動を支援するサービスの提供を開始した。

 博報堂は、生活者のスマートフォンアプリ(以下、アプリ)利用実態調査データとweb上の行動データを格納した「App Planning Database」を開発。アプリを活用したマーケティング活動を支援するサービスの提供を開始した。

 今回開発された「App Planning Database」は、約3万人の生活者を対象とした複数カテゴリー横断型のアプリ利用実態のアンケート調査データと、博報堂DYグループ内で保有する生活者のweb上の行動データを合わせたもの。同データベースでは、アプリ利用に関する情報感度とアプリの利用実態から10のユーザー群に分類し、それぞれのアプリカテゴリにおける行動や生声を分析した。

 ユーザー群ごとにweb上の行動データを掛け合わせることで、それぞれのユーザー群ごとの行動を見ることができる。同社はそれらの分析に基づき、戦略立案から、クリエイティブ企画・制作、メディアプラン戦略プランの策定、広告配信の実施、PDCAマネジメントまでをワンストップで総合的に支援する。

 さらに「App Planning Database」は、2015年5月発表のテレビCMとアプリダウンロードの関連効果の測定を可能にした解析ツール「Vision Graphics for Apps powered by Metaps」との連携が予定されている。これらを掛け合わせることで、アプリの横断的な利用実態の把握および、テレビCMとの関連効果測定も可能となる。

MarkeZine編集部[著]