画像
 Tableau Japanは、11月25日、OEMプログラムの開始を発表した。提携先各社は自社製品やサービスにTableauを組み込み、自社ブランドとして一体化した製品を市場に提供する事が可能となる。

 Tableauを展開するTableau Japanは、アジアパシフィック地域に先駆けて、日本にてOEMプログラムを開始することを発表した。OEM提携先には独立系ソフトウェアベンダーやハードウェアベンダー、クラウドを利用したSaaSベンダー、ビッグデータ保有企業を想定しており、提携先各社は自社製品やサービスにTableauを組み込み、自社ブランドとして一体化した製品を市場に提供する事が可能となる。

 なお、現在NTTデータおよびJBCCがTableau OEMの検討を始めている。

MarkeZine編集部[著]