ブラック

写真拡大

電子部品や機器関連の製造販売を行う電子技販(大阪府吹田市)は2015年11月25日、プリント基板の配線パターンを使い、映画「スター・ウォーズ」の銀河帝国の戦闘機「Xウイング」の機体設計図を精巧に描写したiPhone 6s/6及びiPhone 6s/6 Plus専用ケース「FLASH STAR WARS 基板アート iPhoneケース」を発売した。

プリント基板と電子部品を使用

基板はCADでデザイン。電子部品も本物を実装している。また、電子部品を実装後はクリアな樹脂で封止しており、黒色の樹脂ケース表面は傷が付きにくく手触りがソフトになるよう塗装を施している。

また、無電源で LEDが光る回路を装備。通常時は光らないが、iPhoneが強い電波を発した時に電力に変換し昇圧することで、映画で人気者のドロイドのキャラクター、R2-D2が搭乗するポジションに配置した赤色LEDが光る。

カラーはグリーン、ブラック、ホワイトの3種類。

「STAR WARS」ロゴの入った専用のギフトボックスが用意されている。

「FLASH STAR WARS 基板アート iPhoneケース」は、スター・ウォーズ展ミュージアムショップと、電子技販のmoeco直販ショップ、東京・代官山の蔦屋書店、同・二子玉川の蔦屋家電などで販売している。

価格は、iPhone 6/6s用が1万5000円(税抜)、iPhone 6/6s Plus用が1万6000円(同)。