Doctors Me(ドクターズミー)- 薄毛の人は要注意?「AGA」と前立腺疾患の関係とは!?

写真拡大

多くの男性がお悩みの薄毛。最近よく耳にするAGA(エージーエー)とは、正式にはAndrogenetic Alopeciaといい、男性型脱毛症を意味します。

今回はこのAGAの原因やそのメカニズム、気になる前立腺疾患との関係について医師に解説していただきました。

そもそもAGAとは?

男性に特有の薄毛の状態で、思春期以降に額の生え際、頭頂部の髪が一方もしくは双方から薄くなる状態です。典型的な経過では脱毛はこめかみの上から始まります。生え際の後退により、額部はM型の特徴的なパターンになります。また、頭頂部の毛髪は細くなり抜けやすく薄毛や禿髪となっていきます。

AGAには内服薬がある!

自由診療で全額自費になりますが、AGAには専用の内服薬があります。医薬品としてきちんと認可されている薬剤ですので、安全に薄毛対策が可能なのです。
服薬をしていると徐々に頭髪が増えてきますが、服薬を止めると元に戻ってしまうという話をよく聞きます。お薬を飲み続けることができるのであれば、有効な薄毛対策といえるでしょう。

AGAは男性型脱毛症の意味ですが、対する女性型脱毛症には正式な名称はありません。
また、AGAのお薬は男性にしか効果がないことが分かっています。薄毛に悩む女性もいるのに、なんだか不公平ですね。

強力な男性ホルモンが薄毛や前立腺疾患を起こす!?

AGAは男性ホルモンや遺伝によって起こることが分かっています。男性ホルモンのテストステロンには薄毛を起こす作用はありません。逆に毛根が強く太くなるように働きかける作用があります。
ですが加齢とともにテストステロンが減少するため、5αリダクターゼという還元酵素が活発になり、少量のテストステロンを強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変化させます。
このジヒドロテストステロンは毛根に働いて脱毛を促してしまうのです。
5αリダクターゼは前立腺にも作用し、前立腺肥大症や前立腺癌を引き起こす可能性が示唆されているため、5αリダクターゼの働きが強い人は、薄毛や前立腺疾患に罹りやすいともいえます。

【医師からのアドバイス】

AGAと前立腺、意外な関係でしたが、薄毛の方が皆前立腺疾患にかかるということではなく、また前立腺疾患の方が皆AGAということでもありません。ホルモンやそれに関係する酵素の働きは人によって千差万別なのです。
前立腺疾患は検診の項目に含まれることがあるため、薄毛があって気になる方は機会があったらチェックしてみるといいですね。

(監修:Doctors Me 医師)