屁は燃えるので火気厳禁!?(shutterstock.com)

写真拡大

 「人間は考える葦である」と言ったのはブレーズ・パスカルだが、「人間は、しょせん一本の管である」と言い放ったのは誰か? 作家の山口瞳だ。雑誌『週刊文春』に連載していた「山口瞳のマジメ相談室」の1967年7月10日号の記事を見ると、25歳の主婦から切実な相談が寄せられる。山口がマジメに答えているのが可笑しい。

 主婦:結婚して2年、二人でいるときに平気でおならをするのが困ります。やられるたびにむしゃくしゃします。パンツを汚すのも困ります。平気な顔をしてパンツを洗濯籠にほうりこんでいきます。つくづく、男性はまるで子供で横暴な動物だと思うと、なさけなく腹が立ちます。どうしたらいいでしょうか?

 山口:人間は、しょせん一本の管です。食べて排泄する管を持つ動物です。管の片端が汚れるのも致しかたのないことでしょう。そう思ったら、汚れたパンツを洗うのは割合平気になるんじゃありませんか!

 夫は一本の管と思えば、百年の恋も冷めるかも? 人間は、口から肛門に向かって、穴が貫通している一本の管だ! 口から挿入した胃カメラと肛門から挿入した大腸カメラは、小腸辺りでお見合いするはずだ! そんな空想に耽りながら、「おなら」と「げっぷ」をしばし科学的に考えてみよう。
 
おならの成分の90%は、ほぼ無臭

 まず、おならの出る仕組みから。食事をすると、空気が食べ物といっしょに口と鼻から吸い込まれ、胃を通して腸に入る。食べ物は、腸の中で消化・吸収されるので、窒素、二酸化炭素、メタン、水素などが発生する。その時、体外から入ってきた空気が混じり合って、おならというガスの素になる。

 つまり、おならの成分は、窒素、二酸化炭素、メタン、水素などが70%、血液が体内を循環していくプロセスで作られる血液中の二酸化炭素が20%。これらの成分の90%は、ほぼ無臭だ。

 残りの10%は、食べ物が消化・吸収された後の残りカスを大腸の腸内細菌(悪玉菌)が分解・発酵・腐敗する時に生じる。インドール(大便臭)、スカトール(糞尿臭)、アンモニア、硫化水素(腐卵臭)などの悪臭のある腸内ガス。それが、臭いおならの正体だ。

 もう少し、詳しく言えば、胃・十二指腸を通り、小腸上部で消化・吸収されなかった食物繊維、タンパク質などの食べ物の残りカスは、小腸下部や大腸で腸内細菌(悪玉菌)の働きによって分解され、悪臭性の強い腸内ガスに変質する。

 腸内ガスのほとんどは、腸管壁から血液中に吸収されるが、吸収されない腸内ガスは、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)によって直腸を通って肛門から、おならとして出る。蠕動運動は、腸内の平滑筋、縦走筋、環状筋が弛緩・収縮を繰り返しながら、大便やおならを順次押し出す不随意運動。おならなのか、大便なのかを判断するのは、直腸の末端神経だ。だが、軟便や水分が多い便には、末端神経が誤った判断を下して、排便する場合もあるが、おならは、体内の有毒ガスを体外に排出する生理現象、大切な調節弁であるのに変わりはない。

 成人なら、食後6〜7時間後を目安に、1日平均0.5〜1.5ℓのおならを5〜20回にわたって放屁(ほうひ)する。その速度は、時速約12キロ(約3時間30分でフルマラソンを走るスピード)。その温度は、ほぼ体温の37℃。ちなみに、おならには、水素、メタン、硫化水素などの可燃性ガスが含まれることから、ライターの火炎を近づけると燃えることがある。だが、有毒な二酸化硫黄が発生したり、爆発、火傷、衣服への引火などの危険性があるので、決して試してはいけない!!

おならをガマンするとどうなる?

 第1に、口臭や体臭がする。腸管壁から血液中に吸収された腸内ガスは、肺へ移動し、肺呼吸によって排気され、口臭になる。また、血液中の腸内ガスは、皮膚呼吸によって排出され、体臭の原因にもなる。

 第2に、肝機能が低下する。肝臓は、腸内ガスを無毒化する働きがあるが、腸内ガスが過剰になれば、解毒能力に負荷がかかるために、肝機能が衰えやすくなる。

 第3に、便秘になり、肌が荒れる。腸内ガスが腸内に滞留すると、悪玉菌が増え、腸の整腸作用が悪化するため、便通が悪くなり、肌が荒れやニキビの原因になる。

 第4に、がんになるリスクが高まる。腸内ガスには、ニトロソアミンやフェノールなどの有害な発がん性成分も含まれているので、おならをガマンして溜め込むと、とくに大腸がんに罹るリスクが高くなる。

 おならは、ゆめゆめガマンせず、腸内をいつもスッキリ快適にキープしておこう!

悪玉菌を抑え善玉菌を増やそう

 臭くない、良いおならにするために、どうすればいいのか?

 結論は腸内細菌の悪玉菌を抑え、善玉菌を増やすことに尽きる。腸には300種類以上、およそ100兆個の腸内細菌が生息している。大腸菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌などの悪玉菌は、タンパク質や脂肪を分解し、インドール、スカトール、アンモニア、硫化水素など、腐敗臭の強い有毒ガスを誘発させる。一方、ビフィズス菌、アシドフィルス菌、乳酸菌などの善玉菌は、腸内を酸性化して悪玉菌を減らすので、腸内環境を整える。

 悪臭の最大の要因は、動物性タンパク質の肉類、硫黄化合物が多いニラ、ニンニク、ネギなどの臭いの強い食べ物なので、食べすぎは控えよう。腸内のバランスを整える乳酸菌が豊富なヨーグルトや乳酸飲料は、乳糖不耐症による消化不良に注意したい。乳糖不耐症とは、乳糖(ラクトース)を消化する酵素が少ないために、牛乳を飲んでおなかが痛くなったり、ヨーグルトを消化できない症状だ。

 食物繊維を過度に摂らない。サツマイモ、ジャガイモ、ゴボウ、納豆、キャベツなどの食物繊維の多い食材は、腸内で分解・消化されることが多いため、おならを多く発生しやすい。

 よく噛んで食べる、早食いしない。よく噛めば、唾液が多く分泌され、余分な空気を吸い込まずに飲み込める。かたや噛む回数が少なく、早食いすれば、余分な空気を体内に取り込むので、腸内ガスが発生しやすくなる。さらに、胃に負担がかかり、食べ物が腸内に残りやすくなるため、腐敗が進み、腸内ガスが滞留しやすくなる。このような唾液と一緒に空気を飲み込む量が多くなると、おならやげっぷがよく出る。この症状を空気嚥下症(くうきえんげしょう)とか、呑気症(どんきしょう)と呼ぶ。

 炭酸飲料やビールを飲み過ぎない。炭酸飲料やビールに含まれる炭酸は、体内で炭酸脱水酵素によって二酸化炭素と水に分解され、空気と混じりやすくなることから、おなら、げっぷ、しゃっくりが出やすくなる。ちなみに、キシリトールを配合したキシリトールガムを長時間噛むと、空気を多量に飲み込む。しかも消化しにくいので、腸内ガスが発生しやすいことも覚えておこう。

 便秘になりにくい生活習慣を心がける。便秘を予防するために、お通じをガマンしない、水分を補給する、適度な運動を行うなどの習慣を心がけよう。ヨーグルトや乳酸飲料、バナナやハチミツなどに含まれるオリゴ糖も効果がある。

 ストレスを溜めない。ストレスを抱え込むと、自律神経のバランスが乱れ、副交感神経が働かなくなるために、胃腸の働きが衰える。休日などのオフタイムは、スポーツや趣味を楽しんだり、お風呂でリラックスしたり、家族で食事をゆっくり摂ったりして、心身をリフレッシュしよう。トイレへ行く前に簡単にできるガス抜き法がある。太腿を持ち上げながら、階段を一つ飛ばしで上がる運動だ。大きく足を上げると、股関節周りの血流がよくなり、腸の動きが活発化するので、腸内ガスがスムーズに肛門向かう。

 睡眠を十分に取る。疲労の蓄積やストレスなどで睡眠不足が重なると、自律神経のバランスが乱れやすくなり、腸内の消化・吸収が阻害されることから、腸内ガスが発生しやすくなる。

臭いおならが頻繁に出る時は病院で診断を

 便秘やおならが多い時は、漢方薬などの市販薬も試してみる。薬局で薬剤師に相談し、自然なお通じを促す漢方便秘薬や、腸内のバランスを整える乳酸菌配合の整腸薬など、症状に合ったクスリを選ぼう。

 病院で診察を受ける。臭いおならが頻繁に出たり、腹痛や下痢が長い間続いたりする時は、主治医に相談するか、内科や消化器科を受診しよう。たとえば、大腸の粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎をはじめ、腸管の内壁の一部が外側に飛び出す大腸憩室症、膨満感、胃もたれ、胃痛、胸やけ、吐き気、げっぷなどを慢性的に繰り返す慢性胃炎、精神的ストレスや情緒不安定などが原因で慢性的な腹痛、下痢、便秘などを起こす過敏性腸症候群などは、腸内ガスが溜まりやすいため、おならが多発する。

 また、大腸がんが進行すれば、便秘がちになり、メタンチオール(腐った玉ねぎのような臭い)のおならがよく出るから要注意だ。その他、腸などに炎症が起き、腹痛、下痢、嘔吐感、発熱などを伴うクローン病も疑われる場合もあるので、侮れない。このような症状が少しでもあれば、必ず早めに病院で診察を受けてほしい。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。