運動の前後でストレッチの方法も異なる(shutterstock.com)

写真拡大

 「ストレッチ」という言葉は、スポーツにさほど興味がない人にもすっかり定着している。近年、全国各地にストレッチ専用店が誕生し、すでに飽和状態でクローズした店舗が現われているほどだ。

 そもそも「ストレッチ」とは何なのか? 「ストレッチ(Stretch)」を辞書で調べると「伸縮すること、競技場、競馬場などの直線コース、ストレッチ体操の略」とある。スポーツや医療分野では「体のある筋肉を良好な状態にする目的でその筋肉を引っ張って伸ばす」ことを意味する。

 ストレッチは、筋肉の柔軟性の向上、関節の可動域の拡大のほか、さまざまなメリットをもたらす。なお、ここでの筋肉とは、骨格筋のことを指す。

ボブ・アンダーソンの『STRETCHING』の衝撃

 ストレッチという言葉は、1960年頃、米国で発表されたスポーツ科学の論文で使われ始め、1970年代後半から急速にその概念が広がった。 ボブ・アンダーソンの著した『STRETCHING』(1975年)が、その普及を大きく促進したといわれ、彼が提唱した「静的ストレッチ」は現在も広く用いられている。

 ストレッチには「静的ストレッチ」以外にも、筋肉の伸張・収縮を繰り返す「動的ストレッチ」、リハビリテーションの手法を取り入れた「PNFストレッチ」などがある。今日、ストレッチはスポーツにおけるウォーミングアップ、クールダウンで盛んに行われ、重要な役割を果たしている。

 1985年頃、私が大学3年生のときに、ボブ・アンダーソンの『STRETCHING(邦題は「ボブ・アンダーソンのストレッチング」)』(ブックハウス・エイチディ)を初めて目にした。アンダーソンが本を書いてから10年も後のことだ。「これが最新のストレッチというものか」と興奮したことを覚えている。そして、友だちと見よう見まねで勉強した。

 私は大学卒業後、東京の実業団バレーボール部に所属した。当時、監督から「お前、体育学部卒業したから、"ストレッチ"は勉強して知っているよな?」と言われ、練習に導入した。東京でも、まだそんな認識のレベルだったのだ。では、ストレッチが伝来する前の日本では、どうしていたか? 運動前には「準備体操」、運動後には「整理体操」が存在していた。

子どもたちの身体が固い理由は、ストレッチの目的を理解していないから

 私は職業上、小学生や中学生の運動指導を行うことがよくある。そのときに驚くのは、子どもたちの身体の固さだ。むしろ、親子行事で柔軟性のチェックを行うと、30〜40代の親のほうが柔軟性が高く、体も意外に良く動く。

 これは「ストレッチ」のフレーズだけが先走りして、学校教育に浸透していない証拠だ。体育教師のストレッチを行う目的の理解も、十分ではないように思う。

 わかりやすく説明すれば、運動前は、これから動くための準備のための「動的ストレッチ」である「準備体操」が必要。そして運動後は、疲労した身体を整える「静的ストレッチ」である「整理体操」が必要。いたってシンプルだ。

 トップアスリートが、試合前に時間をかけて念入りにストレッチでカラダを調整する。これは自分のカラダを知っている一流選手だからこそ効果があるが、普通の人が知識のないまま、時間をかけて静的ストレッチを試合前にやったとしたらどうなるだろう?

 ストレッチでカラダを動かすことで、さらにカラダは動くための準備をする。しかし、止まってゆっくりじっくりと筋肉を伸ばしてしまったら、副交感神経の働きが強くなり、リラクゼーション効果が高まり、カラダはゆっくりと休もうとする。これでは良いパフォーマンスを試合で出せない。

 ストレッチにはいろいろあるが、まずはその目的に応じて使い分けること、そして正しいやり方で行うことが重要だ。スポーツやフィットネスの分野に限らず、最新の理論や言葉に左右されずに、もっと生活や学校教育に根ざすべき「大事なもの」がある。せっかくの良いものも活かされないような気がする。もっと文化にしていかなければならないのではないか。

村上勇(むらかみ・いさむ)
フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボール選手を引退後、現・スポーツクラブ「ルネサンス」に勤務。2007年から「メディカルフィットネス+スパ ラ・ヴィータ」のゼネラルマネージャーとして施設運営に携わる一方、トレーナーとして主婦や高齢者、アスリート(サッカーチーム・モンテディオ山形、加藤条冶:スピードスケート、黒田吉隆:レーシングドライバー)、著名人(指揮者・飯森範親など)を幅広く指導。現在は株式会社ドリームゲート代表として、スポーツチーム・アスリート・企業などを指導、運営協力に携わる。