写真提供:マイナビニュース

写真拡大

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は11月25日、NEDOプロジェクトの成果をもとに、ゼノアックリソースが国立成育医療研究センターや産業技術総合研究所と共同で、ジメチルスルホキシド(DMSO)を使用しない細胞凍結保存液を開発し、12月1日より販売を開始すると発表した。

DMSOは細胞の凍結保存時に、細胞内の氷の結晶化によるダメージを防ぐために使用されるものだが、濃度が高くなると細胞毒性を示すことが知られている。

ゼノアックリソースらが開発した細胞凍結保存液は、既知成分からなるXeno-フリー(ヒト以外の動物成分が含有されていない)の概念を満たすDMSOフリータイプであり、GMPに準拠した体制のもと製造される。産業技術総合研究所や国立成育医療研究センターなどの施設で行われた評価試験では、さまざまな間葉系幹細胞を良好な状態で凍結保存できることが示され、想定よりも早期に生産体制および製品化を達成することができたという。