写真提供:マイナビニュース

写真拡大

もぐら製作所モーレワークスは、受験生などを対象に、スマートフォンを一時的に"封印"するアイデア雑貨「スマホ封印太郎」の販売をAmazonにて開始することを発表した。販売開始は11月25日。価格は880円。

「スマホ封印太郎」は、集中して勉強や仕事に取り組みたいとき、あるいは家族旅行などの貴重な時間を有意義に過ごしたいときなどに、ついつい使いすぎてしまいがちなスマートフォンを一時的に"封印"して、物理的に使えないようにするアイデアグッズ。

自分のスマートフォン本体を「いつまで」、「どんな目的で」封印するかを記入した用紙と一緒に「スマホ封印太郎」で包み、封かんシールを張って封印するだけという、シンプルながらも今までありそうでなかったユニークな商品だ。

また、商品化にあたり、クラウドファンディングサイト「READYFOR?」において開発費の一部を募るプロジェクトを開始したところ、わずか16日間で目標金額30万円の資金調達に成功したという経緯を持つ。

なお、同製品のデザインは、「かみの工作所」で有名な東京都・立川市の福永紙工が手がけ、紙の加工や質感にこだわっているという。大きさは横10.5センチ×縦17センチ(iPhone6対応)。本体のほかに、封印シールと宣言シートが各1枚ずつ付属する。

(早川厚志)