夕方には真っ暗になってしまうこの季節。日中太陽の光を十分に浴びないと、夜になっても眠気を感じられず、夜更かしをしてしまう人が少なくありません。もちろんそのような状態が続けば、深刻な睡眠障害になってしまうこともあります。そんな時に使えるのがメラトニンという成分が含まれたサプリメントです。実際、時差ぼけや夜勤などで睡眠に問題を抱える人が使用しているとか。そこでメラトニンについて調べてみました。

メラトニンってどんな成分なの?

メラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれ、通常は体の中で自然に分泌され、人間を自然な眠りへと導いてくれる成分です。朝、太陽の光を浴びると脳にある体内時計の針が進み、体内時計がリセットされて脳や体が活動状態に導かれます。その際に体内時計からの信号でメラトニンの分泌はストップされ、14時間〜16時間ほど経過するとまた体内時計の指令でメラトニンが分泌されるようになっています。メラトニンが分泌されると、体の深部体温が低下し、脳や体は休息に適した状態に導かれ眠気を感じるのです。このサイクルで人間は起きたり眠ったりを繰り返していますが、体内時計が狂ってしまうとメラトニンの分泌量が減り、夜になっても眠気を感じにくくなるのです。

メラトニンは加齢でも減少してしまう

メラトニンの分泌は主に光によって調節されています。暗い場所に長くいたり、夜中に強い照明の中にいると体内時計の働きが乱れてメラトニンの分泌は抑えられてしまいます。すると夜になっても眠くならず、朝になっても目覚められない睡眠障害が起こってくるのです。また、メラトニンは加齢によっても分泌が減っていきます。高齢の人の寝つきが悪くなったり、昼夜逆転してしまう症状はメラトニンの減少による可能性があるとも考えられています。

サプリメントで改善できるの?

メラトニンは食べ物から摂取できる量が微量なため、体内時計が狂って不眠の症状などが出ている場合には、サプリメントの摂取で寝つきが良くなることが報告されています。ただし、精神的ストレスや身体的な症状(痛みや痒みなど)が原因で眠れない場合にはメラトニンよりもストレスを緩和してくれるサプリメントの方が有効。メラトニンサプリは睡眠薬とは違うためそれ自体には重大な副作用は無いとされていますが、長期に渡る使用や大量の使用は自身のメラトニンの分泌を妨げてしまう恐れがあるので、使用するのであれば短期間にし、とにかく睡眠サイクルを戻すためだけに使いましょう。

夜ちゃんと眠れるようになったら、朝早起きをし、太陽の光をしっかり浴びる。これを繰り返して体の中からメラトニンが分泌されるように努力しましょうね。


writer:しゃけごはん