写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、「プレイステーション 4」(PS4)の全世界の累計実売台数が、2015年11月22日(日)時点で3,020万台を超え、依然として歴代「プレイステーション」ハードウェア史上最速で普及拡大が続いていると発表した。

PS4という均一なシステムの普及が進むことで、世界中のユーザーに等しく高品質なデジタルエンタテインメント体験を届ける基盤がさらに強固なものになり、この圧倒的な基盤の上に、ディスクあるいは「プレイステーションネットワーク」(PSNSM)を経由して提供されるゲームタイトル、「プレイステーションプラス」が提供するメンバーシップサービス、映像、音楽、テレビ視聴といったサービスが充実していくことで、世界中の3,020万人以上のユーザーがPS4で楽しむ時間がさらに長く、一層豊かなものになるとしている。

また、同社の代表取締役社長 兼 グローバルCEOであるアンドリュー・ハウス氏は、「発売から2年を迎え、引き続きPS4が最高の遊び場として世界中の多くの皆様に選ばれ続けていることに、心から感謝いたします。今後も魅力あるゲームや各種のエンタテインメントサービスを提供していくことをユーザーの皆様にお約束します。また、パートナー各社様にとってもPS4が世界中のお客様にエンタテインメントをお届けする最適なシステムとなるよう、開発やビジネスにおけるサポート体制も引き続き充実させてまいります」とコメントしている。

※実売数量は、同社調査による推計値。日本は、2014年2月22日から2015年11月22日までの数値、北米は2013年11月15日から2015年11月21日まで、ラテンアメリカ、欧州は2013年11月29日から2015年11月21日まで、アジアは2013年12月17日から2015年11月22日までの数値となっている。