Apache Software Foundationは11月23日(米国時間)、「The Apache Software Foundation Announces Apache™ Brooklyn™ as a Top-Level Project : The Apache Software Foundation Blog」において、「Apache Brooklyn」がインキュベータから卒業してトップレベルプロジェクトになったと伝えた。

「Apache Brooklyn」はクラウドプラットフォームに散在しているソフトウェアや複数のデータセンターに散在しているサービスを統合するための管理プラットフォームおよびアプリケーションブループリント環境。増え続けるサービスやアプリケーションの包括管理機能を提供する。

データセンターやクラウドプラットフォームを活用する企業が管理対象とするソフトウェアやサービスの数は増え続けている。そのため、こうしたソフトウェアやサービスをより効率的に管理するためのプラットフォームが必要とされており、「Apache Brooklyn」は実用化が期待されている。

(後藤大地)