24日、KAT-TUN田口淳之介が「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2015」(日本テレビ系)放送中にグループ脱退を発表した。同日、あるユーザーが、同番組の収録があった会場の雰囲気を伝える投稿をし、反響を呼んでいる。

田口は番組で、2016年の春にグループ脱退とジャニーズ事務所退所するとステージ上で公表した。発表と同時に会場のファンからは大きな悲鳴があがり、理由を問う声も続出する有様だった。観客のどよめきが収まらない中、KAT-TUNは楽曲「Dead or Alive」を披露した。

番組終了後、あるユーザーが、現地で「観覧した人」の声をツイートしている。その投稿によると、田口の脱退を発表した後の会場の「雰囲気は最悪」だったそうで、出演者やスタッフが何度か「盛り上げて〜〜」と要請する一幕もあったそうだ。中には泣き出す観客もいたという。ユーザーは「とても音楽祭とは思えない雰囲気だったとの事」とこの投稿を締めくくり、田口の脱退発表がファンにとってどれほどの衝撃だったかを紹介している。

このツイートは、25日13時の時点で10000件以上のリツイートと、7000件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題となっている。
【関連記事】
月曜日の「バイキング」に初めて出演したKAT-TUNの田口淳之介が″自己紹介芸″でイジられる
KAT-TUNがサンフレッチェ広島の広報からアポなし取材を注意…メンバー動揺隠せず
「デビュー当時のKAT-TUNは怖かった」嵐メンバーが口を揃えて語る