定員200名、入場無料

写真拡大

日本臨床栄養協会は2015年12月13日、昭和女子大学(東京・世田谷区)で市民講座を開催する。「私たちは健康食品とどう向き合うのか」をテーマにして、医療法人社団湖聖会銀座医院院長補佐・抗加齢センター長、常葉大学健康科学部教授の久保明氏が講演するほか、早稲田大学研究員教授で予防医学的食品を研究している矢澤一良氏、トクホの申請など機能性食品の開発をサポートする株式会社ケイ・エス・オー会長の小森美加氏らのパネルディスカッションも行われる。

協会が認定したサプリメントの専門家「NR・サプリメントアドバイザー」による健康相談や、年をとると減ってしまう骨密度の測定や筋肉・脂肪測定コーナーも予定されている。参加申し込みは、日本臨床栄養協HPの専用フォームか、FAXにて。イベントは13時から17時まで。定員200名、入場無料。

お問い合わせ
日本臨床栄養協会事務局
TEL:03-3467-0446
FAX:03-3467-0447

(Aging Style)